乳癌検診

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳がん検診の過剰診断を避けるために
  • 森本 忠興,笠原 善郎,角田 博子 [他]
  • 日本がん検診・診断学会誌 22(2), 155-165, 2014-12
  • NAID 40020316079
  • 乳癌検診とリスク軽減の個別化 (学術特集 個別化する乳癌への対応と工夫)
  • 有賀 智之,黒井 克昌
  • 日本医事新報 (4726), 17-21, 2014-11-22
  • NAID 40020268086
  • その場の1分、その日の5分(CASE 37)乳癌検診は受けるべき?

関連リンク

乳がんの早期発見のため、検診を受けるよう呼びかける「ピンクリボン運動」が1日から始まり、これに合わせて、東京では、東京タワーなどが運動のシン…
「乳がんは気になるけど、どの検査コースを選んだらいいの?」という方のために、それぞれの特徴とメリット・デメリットを簡単にご紹介します。 一般的に、乳がん検診にはマンモグラフィと乳腺エコーのいずれか、もしくは両方が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事乳癌」「検診」「癌検診

乳癌」

  [★]

brest cancer (M), breast carcinoma
乳がん
carcinoma mammae
乳房男性乳癌

リスクファクター

エストロゲンの暴露の期間と正の相関
  • 高リスク:早い初潮、遅い閉経、出産・授乳の経験がない、初産が遅い、閉経後の肥満
  • 低リスク:初産が早い、複数の出産を経ている

組織型

乳癌
 非浸潤癌(10%)
  非浸潤性乳管癌
  非浸潤性小葉癌
 浸潤癌(90%)
  通常型(浸潤性乳管癌)(大多数を占める)
   乳頭線管癌:腺腔形成を伴い乳頭状増殖 or 面皰癌
   充実腺管癌:充実性の髄様/小腺管様構造を呈す
   硬癌(前乳癌の25-30%を占める):浸潤性発育、間質の著明な増殖。リンパ行性転移多い。予後比較的不良。
  特殊型
   粘液癌
   髄様癌:間質にリンパ球浸潤を伴う。予後は比較的良好
   浸潤性小葉癌:両側性の頻度が高い。
   腺様嚢胞癌
   扁平上皮癌
   紡錘細胞癌
   アポクリン癌
   骨・軟骨化生を伴う癌
   管状癌
   分泌癌
   浸潤性微小乳頭癌
   器質産生癌
   その他
 Paget病:乳管癌の上皮内進展により乳頭に湿疹~びらんが認められる。表皮の基底層に明るい胞体の大型Paget細胞を認める。予後良好

検査

  • マンモグラフィ:濃淡不均一な腫瘤陰影。辺縁の放射状棘状影
  • 超音波エコー検査:不整腫瘤
[show details]

治療

  • 外科手術
  • 遠隔転移例の治療:ホルモン療法、化学療法、放射線療法など。

術式

  • 乳房温存手術
  • 腫瘤摘出術
  • 乳房円状部分切除術
  • 乳房扇状部分切除術
  • 胸筋温存乳房切除術
  • 胸筋合併乳房切除術

進展の特徴

  • 進行が比較的遅い。stage Iなら5年生存率90%以上
  • 微小転移しやすい

進展形式

  • 直接浸潤
  • 血行性転移
  • リンパ行性転移

転移

  • 肺(33%)、骨(骨転移)(26%)、皮膚・胸壁(19%)、肝臓(8%)、脳(3%)

ガイドライン

  • 1. 乳癌 癌診療ガイドライン - 日本癌治療学会
[display]http://jsco-cpg.jp/item/16/index.html

参考

  • 1. 乳がんができやすい部位 乳癌の好発部位
[display]http://www.bms.co.jp/nyugan/info/02_03_01.html




検診」

  [★]

medical examination
screening, medical check-up
健康診断 健診
  • 目的:特定の疾患の早期発見と予防
  • 内容:疾患の診断に必要な検査と診察を行い、特定の疾患にかかっていないかどうかを診断する



癌検診」

  [★]

cancer screening
がん検診





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡