乳剤性軟膏

出典: meddic

emulsion ointment


和文文献

  • オルセノン^【○!R】軟膏の皮膚潰瘍に対する臨床評価
  • 橋爪 鈴男,窪田 泰夫,溝口 昌子,徳橋 至,千葉 紀子,岩田 博生,松井 新,森田 誠,碇 優子,鈴木 秀美,山本 百合子,鯵坂 義之,芹川 宏二
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 57(2), 357-365, 1995-04-01
  • … オルセノン<SUP>®</SUP>軟膏はトレチノイントコフェリル(レチノイン酸とDL-<I>α</I>-トコフェロールがエステル結合した物質)を含有する乳剤性軟膏であり, 肉芽形成促進作用, 血管新生促進作用を有する。 …
  • NAID 10019133203
  • ACR‐59軟膏の熱傷に対する臨床効果(2) 塩化リゾチーム軟膏との無作為群間比較試験:—塩化リゾチーム軟膏との無作為群間比較試験—
  • 難波 雄哉,塚田 貞夫,添田 周吾,森口 隆彦,大浦 武彦,平山 峻,石田 寛友,井澤 洋平,一色 信彦,鵜飼 卓,菅原 光雄,中野 重行
  • 西日本皮膚科 55(5), 955-960, 1993
  • … 創傷面に壊死組織を有する深達性II度∼III度熱傷を対象として, ACR-59を2<I>μ</I>kat/g含有する疎水性軟膏と50mg(力価)/gの塩化リゾチームを含有する乳剤性軟膏を用い, 有効性, 安全性および有用性を, 電話法を用いるwell-controlled comparative studyで比較検討した。 …
  • NAID 130004473924
  • 熱傷用乳剤性軟膏基剤の調製と薬物放出性および安定性の評価
  • 桜井 正太郎,小林 崇子,谷古宇 秀,杉原 正泰
  • 病院薬学 13(4), 205-210, 1987-08-20
  • Physicochemical properties, drug release and stability of polymyxin B sulfate in an ointment prepared for the treatment of burn with use of o/w type emulsified base were studied. This ointment showed …
  • NAID 110001798474

関連リンク

Keyword : 乳剤性基剤 軟膏 ステロイド 外用剤 2009/9/20記載 油性成分と水性成分を界面活性剤によって乳化させた基剤 水中油型(o/w) ・外相が水で中に油を含む。・塗るとすぐに消えて馴染むことからバニシングクリームとも呼ばれる。 ...
軟膏剤(記号はO=オイントメント) 一般的な「塗りぐすり」は軟膏剤です。軟膏剤には疎水性と親水性の2タイプがあり疎水タイプはワセリンや流動パラフィンなどが用いられ油脂性とも呼ばれています。特徴としては皮膚保護作用 ...

関連画像

乳剤 性 軟膏 o w 型 親水 性 基 乳剤性軟膏(油中水型) 形 淡黄色 の 乳剤 性 軟膏 剤乳剤性移動: 案内 、 検索乳剤 性 軟膏 o w 型 親水 性 基

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
拡張検索w/o型乳剤性軟膏
関連記事軟膏」「乳剤

w/o型乳剤性軟膏」

  [★]

water-in-oil emulsified ointment
乳剤性軟膏


軟膏」

  [★]

ointment, unction, unguent
unguentum
軟膏剤ペースト




乳剤」

  [★]

emulsion
エマルジョン乳濁液エマルション




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡