久里浜アルコール症センター

出典: meddic

アルコール依存症
参考1-1より抜粋
  • 病院のご案内 当センターは、昭和38年に日本で初めてアルコール依存症専門病棟を設立し、現在では4ヶ病棟でアルコール依存症の治療を行っています。患者様の自主性を尊重した治療は、"久里浜方式"として全国各地に広がっています。
  • また、平成元年にはWHO(世界保健機関)から日本で唯一のアルコール関連問題の施設として指定されました。


参考

  • 1. 独立行政法人国立病院機構 久里浜アルコール症センター
[display]http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/index.html
  • 1-1. 病院のご案内
[display]http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/hospital/index.html

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/06 19:11:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-001 飲酒およびアセトアルデヒド曝露のバイオマーカーとしてのタンパク質中N^ε-エチルリジンの有用性(I.変異原性・遺伝毒性,ポスターセッション)
  • 馬渕 良太,三好 規之,横山 顕,諏訪 芳秀,栗木 清典,合田 敏尚,雨谷 敬史,大島 寛史
  • 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (41), 91, 2012-10-29
  • NAID 110009616935
  • 6.アルコール依存症とWernicke encephalopathy(「Wernicke encephalopathyに関する最近の話題」-ビタミンB_1による認知症の予防・治療-,シンポジウム(平成23年度),ビタミンB研究委員会)
  • 慢性膵炎診療における断酒・生活指導の問題点と今後の展望
  • 中村 太一,伊藤 鉄英,丸山 勝也,下瀬川 徹
  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 27(2), 113-120, 2012-04-25
  • 慢性膵炎は非可逆性進行性の線維化疾患であり,腹痛による日常生活の質の低下,膵外分泌機能不全による栄養不良,膵内分泌機能不全による膵性糖尿病をきたし,また膵癌の発生も高率であることから,その生命予後は健常者に比し短い.慢性膵炎の病態には飲酒,喫煙,食事などの生活習慣因子が強い影響を与えるが,これらの因子が慢性膵炎診療において意識されることは少なく,その根本的な原因として成因分類の問題があると考えられ …
  • NAID 10030763933
  • 過敏性腸症候群(IBS)の大腸鏡・C Tcolonography (CTC) による腸管運動・形態評価 : 腸管形態異常型IBS患者3例の診断・治療過程の提示
  • 水上 健,鈴木 秀和,日比 紀文
  • 消化と吸収 34(3), 277-285, 2012-03-31
  • NAID 10030560977

関連リンク

独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター ... 2016/01/08 書籍案内を更新 2016/01/06 治験審査委員会会議の記録の概要を更新 2016/01/05 2月19日開催 第1回 ネット依存家族ワークショップの受付を開始しました
独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター ... アルコール症スクリーニングテスト 特徴 ・ アルコール依存症などアルコール関連問題を評価するための手段であり、それぞれの
4年前の今日9日、私は明日から入院する久里浜アルコール症センターへ行くための準備を 酒を煽りながら進めていた。 すべてに絶望し、死を覚悟した上での準備だった。 海と山に囲まれた病院で最期を迎えようと思うと、人生 ...

関連画像

 と久里浜アルコール症センター久里浜アルコール症センター久里浜アルコール症センターで 久里浜アルコール症センターで 久里浜アルコール症センターの 久里浜アルコール症センターで 久里浜アルコール症センター  と久里浜アルコール症センター

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」「アルコール依存症
関連記事アルコール」「アルコール症」「センター」「」「

久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」

  [★]

KAST
アルコール依存症久里浜アルコール症センター

男性

参考1
  • 最近6ヶ月の間に次のようなことがありましたか?
  • 1. 食事は1曰3回、ほぼ規則的にとっている
  • 2. 糖尿病、肝臓病、または心臓病と診断され、その治療を受けたことがある
  • 3. 酒を飲まないと寝付けないことが多い
  • 4. 二曰酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしたことが時々ある
  • 5. 酒をやめる必要性を感じたことがある
  • 6. 酒を飲まなければいい人だとよく言われる
  • 7. 家族に隠すようにして酒を飲むことがある
  • 8. 酒がきれたときに、汗が出たり、手が震えたり、いらいらや不眠など苦しいことがある
  • 9. 朝酒や昼酒の経験が何度かある
  • 10. 飲まないほうがよい生活を送れそうだと思う
合計点が 4 点以上: アルコール依存症の疑い群
合計点が 1 ~ 3 点: 要注意群(質問項目 1 番による 1 点のみの場合は正常群。)
合計点が 0 点: 正常群

女性

参考1
  • 1. 酒を飲まないと寝付けないことが多い
  • 2. 医師からアルコールを控えるようにと言われたことがある
  • 3. せめて今日だけは酒を飲むまいと思っていても、つい飲んでしまうことが多い
  • 4. 酒の量を減らそうとしたり、酒を止めようと試みたことがある
  • 5. 飲酒しながら、仕事、家事、育児をすることがある
  • 6. 私のしていた仕事をまわりの人がするようになった
  • 7. 酒を飲まなければいい人だとよく言われる
  • 8. 自分の飲酒についてうしろめたさを感じたことがある
合計点が 3 点以上: アルコール依存症の疑い群
合計点が 1 ~ 2 点: 要注意群(質問項目 6 番による 1 点のみの場合は正常群。)
合計点が 0 点: 正常群

参考

  • 1. 久里浜アルコール症センター|久里浜式アルコール症スクリーニングテスト
[display]http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/alcohol/kast.html

アルコール依存症」

  [★]

alcoholismalcoholic, alcohol dependence
アルコール中毒
アルコールアルコール依存患者アルコール依存性アルコール症アルコール性アルコール中毒アルコール依存アルコール中毒者

合併症

  • アルコール性肝障害、心筋症、胃潰瘍、慢性膵炎、多発神経炎、コルサコフ症候群、ウェルニッケ脳症

検査

参考1
  • アルコール症スクリーニングテスト
  • KAST久里浜アルコール症センターによって作られた日本人向けのアルコール依存症のスクリーニングテスト。2003年改訂
  • お酒で赤くなる体質を用いた食道がん高危険群のスクリーニングテスト → 詳しくは参考1参照
  • CAGE:4項目
  • AUDIT

治療

KPS.452
  • 以下の3段階を踏んで治療が行われる。
介入 → 解毒(detoxication → リハビリテーション(社会復帰活動)
  • 薬物療法が即座に用いられることはない、らしい。例えば、ジスルフィラムは外来リハビリテーションの第一段階が終わってから、あるいは入院治療を終え退院する際に処方される。

参考

  • 1. 久里浜アルコール症センター|アルコール症スクリーニングテスト
[display]http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/alcohol/index.html

国試



アルコール」

  [★]

alcohol
エタノール



アルコールによる酩酊の分類

  • 酩酊
  • もうろう型、てんかん型
  • せんもう型

アルコールの急性症状 (血中アルコール濃度)

  • 0.5 mg/ml 以上で酒気帯び → 道路交通法(0.5 mg/ml以上で運転能力の低下、1.5 mg/ml以下では著しい低下。1.5-2.0 mg/mlがもっとも危険。これ以上では運転できない)
  • 血中アルコール濃度と酩酊の状態
  • 0.0-0.5 mg/ml::殆ど無症状か、わずかな熱覚、味覚や嗅覚の低下
  • 0.5-1.0 mg/ml:弱度酩酊:顔面紅潮、抑制からの解放、陽気、多幸感、不安や緊張の緩和、反応時間の延長など
  • 1.0-1.5 mg/ml:軽度酩酊:多弁、大胆、感覚の軽度麻痺、気分爽快、多弁など
  • 1.5-2.5 mg/ml:中程度酩酊:眠気に襲われる、言語不明瞭、平衡感覚が鈍麻し、千鳥足になる、理解・判断力鈍麻など
  • 2.5-3.5 mg/ml:強度酩酊:歩行困難、顔面蒼白、悪心、嘔吐、感覚麻痺、精神運動性興奮、言語不明瞭、諸反射の消失など
  • 3.5-4.5 mg/ml:重度酩酊、泥酔:意識消失、筋力消失、呼吸困難、体温低下、昏睡状態
  • 4.5- mg/ml:呼吸麻痺、心機能不全などで死亡する。

アルコールの慢性症状

アルコール中毒の患者において、脳神経でchromatosisが見られるが、ニューロンの脱落は末期まで見られない。小脳では虫部のニューロンが優先的に脱落する。大脳辺縁系の乳頭体に強い病変が見られる → ウェルニッケ・コルサコフ症候群と関連

アルコールによる非精神症状

  • 粘膜障害:腸壁障害により下痢

アルコールによる疾患

  • 身体疾患:アルコール性肝疾患(脂肪肝)、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)、大腿骨頭壊死症、末梢神経障害
  • 精神疾患:急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒、アルコール依存症、アルコール精神病
(国試)100B077095B075

アルコールの摂取と疾患

アルコールの胎児への影響

SUB.260

アルコールの摂取量

アルコールの単位

  • アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20g。


アルコール症」

  [★]

alcoholismalcoholic
アルコールアルコール依存患者アルコール依存症アルコール依存性アルコール性アルコール中毒アルコール依存アルコール中毒者


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

浜」

  [★]

beach
海岸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡