中膜壊死

出典: meddic

medionecrosis, medial necrosis
medianecrosis

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大動脈瘤および大動脈解離の病理
  • 羽尾 裕之
  • 日本血管外科学会雑誌 advpub(0), 2014
  • … の破壊が認められる.瘤進展の分子生物学的メカニズムではmatrix metalloproteinase の活性化が報告されている.上行大動脈瘤は囊状中膜壊死による瘤形成が最も多く,中膜壊死・弾性線維の減少・ムコ多糖類の沈着などを伴う.大動脈解離は囊状中膜壊死による中膜の脆弱性が病因となることが多く,高血圧・先天性2 尖弁・Marfan症候群などが関連している.大動脈瘤に対するステ …
  • NAID 130004843191
  • 大動脈瘤および大動脈解離の病理
  • 羽尾 裕之
  • 日本血管外科学会雑誌 23(7), 957-963, 2014
  • … の破壊が認められる.瘤進展の分子生物学的メカニズムではmatrix metalloproteinase の活性化が報告されている.上行大動脈瘤は囊状中膜壊死による瘤形成が最も多く,中膜壊死・弾性線維の減少・ムコ多糖類の沈着などを伴う.大動脈解離は囊状中膜壊死による中膜の脆弱性が病因となることが多く,高血圧・先天性2 尖弁・Marfan症候群などが関連している.大動脈瘤に対するステ …
  • NAID 130004713643
  • 大動脈二尖弁における上行大動脈拡大の形態と組織学的な特徴
  • 吉岡 良晃,光野 正孝,山村 光弘,田中 宏衞,良本 政章,福井 伸哉,辻家 紀子,梶山 哲也,宮本 裕治,羽尾 裕之
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 42(2), 89-93, 2013
  • … ,嚢状中膜壊死の程度をaortic wall scoreを用いて評価した.BAVで最も頻度が高いType 1のなかで,L/R型に上行大動脈拡大が多く(48%),BAVの形態と上行大動脈拡大の関係が示唆された.上行大動脈拡大の形態的な特徴は,asymmetric dilatationが多かったことであるが,基部拡大例ではすべてsymmetric dilatationを呈していた.病理学的な特徴は,上行大動脈が拡大していない症例も含めて全例に嚢状中膜壊死を認 …
  • NAID 130004887139

関連リンク

大動脈解離とは大動脈の中膜に生じた亀裂から血流が偽腔内に流入し剝離する大動脈疾患の一つです。大動脈の脆弱性は中膜の嚢状中膜壊死が重要ですが、中膜の変性がなぜ起こるかはまだ解明されていません。 性別でみると女性に ...
特発性中膜壊死症を病因とする 腹部大動脈瘤の1手術例 要 旨:特発性中膜壊死症による真性腹部大動脈瘤に限局性解離を生じたまれな1例を 経験した.症例は63歳女性,腹痛を主訴に腎動脈下腹部大動脈瘤を発見された.明らかな

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元胸痛
拡張検索嚢胞状中膜壊死
関連記事中膜」「壊死」「

胸痛」

  [★]

chest pain, thoracodynia, pectoralgia
胸部痛
胸壁痛胸部圧迫感


鑑別疾患

診断エッセンシャルズ新訂版

救急疾患

その他

鑑別診断

DIF.84

胸痛の質

  • 圧迫されるような痛み:狭心症、心筋梗塞
  • 刺すような痛み:心膜炎、胸膜炎、肋間神経痛


胸痛と呼吸困難

参考1
  • 気胸、肺炎、胸膜炎、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患の悪化、肺癌などの肺疾患、心不全

診察

【現病歴】
 誘因、発生様式(突発、緩徐)、経時的変化(一定、動揺、増悪/寛解傾向)、部位(一番痛い部位、放散する部位)、軽快因子、増悪因子、(反復するエピソードあれば)前回との比較、随伴症状

【既往歴】基礎疾患(DM, HT, DL)
【嗜好】smoking, alcohl
【服用薬】
【職業】

【身体所見】
Appearance: Face anguish, Diaphoresis, Cyanosis
Vital:
 Consciousness: 
 BT , BP / , HR  (L Arm/R Arm, Lower Extrimity), RR , SpO2
Lymphnode: swollen/no swollen, breath sound →/↑/↓
Chest
 Heart:Is →/↑/↓, IIs →/↑/↓, IIIs(±)/IVs(±), murmur, friction rub ±
 Lung: crackle/rale
Abdomen: soft/hard, tenderness
Extremity: cold/pulse/edema
Skin: dry/wet/hot/cold

【検査】
ECG: ST segment change
Blood test:
 biochemistry: CK-MB, Troponine T, AST, LDH, H-FABP
 Blood count: WBC
 Arterial blood gas: PaO2 torr
  A-aDO2 = 150 - PaCO2/ 0.8 (torr) - PaO2 (normal below 20 Torr)
Chest XP:
Heart echography:

参考

  • 1. 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2009年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf



嚢胞状中膜壊死」

  [★]

cystic medionecrosis
medionecrosis cystica
嚢状中膜壊死



中膜」

  [★]

tunica media (Z)
血管内膜外膜



壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡