中腎

出典: meddic

mes
mesonephros
原腎
腎臓前腎後腎


  • 図:L.292
  • 中腎中腎管は上胸から腰部分節(L3)の中間中胚葉に由来する。

発生学的由来


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-25 中腎管上皮細胞に対する間葉BMP4の作用((2)呼吸器・泌尿器関連領域,第2グループ,ポスター発表,第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会 第11回日中合同組織細胞化学セミナー)
  • 城倉 浩平,櫻井 裕之
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (55), 95, 2014-09-27
  • NAID 110009857804
  • 獣医師生涯研修事業のページ Q&A 産業動物編 (日本獣医師会雑誌(日獣会誌))
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 67(9), 651-653, 2014-09
  • NAID 40020205755
  • 術中 PNLを施行中の症例。中腎杯に腎瘻を作製した。透視上,下腎杯に残石を認めるが,腎杯径が長いため,腎盂鏡で結石を確認できない。 (特集 腎・尿管結石の治療 : こんなときどう対処する?(1)) -- (経皮的腎砕石術(PNL))
  • 濵本 周造
  • 臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 68(6), 437-439, 2014-05
  • NAID 40020107266

関連リンク

中腎傍管(英:paramesonephric ducts)またはミュラー管(英:Müllerian ducts)とは 発生途中、両側にできる管で女性の卵管や子宮や膣の上半分のもとになる。尿生殖堤( 尿生殖隆起)の側面を走っており、ミュラー丘で終わる。中腎傍管は中胚葉(中間中胚葉 ) ...
中腎管(ちゅうじんかん、mesonephric duct)またはウォルフ管(Walffian duct)は脊椎 動物の発生途中にできる管で、雄の場合に雄性生殖器へと発達する。雌では退化し、 かわりに中腎傍管(ミュラー管)が発達して雌性生殖器が形成される。 羊膜類では、中腎 ...

関連画像

研究内容-幹細胞シグナル生殖器の発生 - PukiWiki性腺原基 ミュラー管 前立腺前立腺がん:腎泌尿器疾患の Urogenital sinusとは - goo Wikipedia ヘンレ係蹄 (細い上行脚) - Thin


★リンクテーブル★
リンク元後腎」「尿生殖間膜」「mes
拡張検索中腎管」「傍中腎管
関連記事

後腎」

  [★]

meta nephros
metanephros
永久腎
前腎 pronephros中腎 mesonephros


  • 胎生第5週に出現。
  • 発生学的に中胚葉(後腎中胚葉)に由来する。
  • 尿管と連結して尿生殖洞と交通している。
  • 男性の場合:尿生殖洞に対する尿管と中腎管の開口位置を比較すると、尿管が頭方、中腎管は尾方となる。(L.301)

集合管系の発生

  • 尿管芽から発生

排出管系の発生

L.293-294
  • 後腎の実質から発生
  • 集合細管の末端は後腎組織帽で覆われ、後腎組織帽は後腎胞となり、細管となる。細管から、ボーマン嚢~尿細管が形成される。近位では糸球体とともにネフロンを形成、遠位部は集合管に開口する。(L.291)


尿生殖間膜」

  [★]

urogenital mesentery
  • 図:L292
  • 胎生第2ヶ月の末まで、精巣中腎は尿生殖間膜によって後腹壁に付着している (L.321)


mes」

  [★]

  • comb form.
  • 中央、中間、中位
  • ex.


中腎管」

  [★]

mesonephric duct (Z)
ductus mesonephricus
Wolffian duct wolff管、ウォルフ管
中腎傍管 ミュラー管


発生学



傍中腎管」

  [★]

paramesonephric duct
中腎管

腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡