中濃厚生病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • JA岐阜厚生連 中濃厚生病院

url

理念

  • 中濃厚生病院理念みんなの安心、みんなの信頼、みんなの希望私たちは「安心」「信頼」「希望」のある医療をめざします。患者さんに「安心」をいかなるときも差別をなくし、人権とプライバシーを尊重します十分な説明と納得のいく医療サービスを心がけます。快適な環境をととのえ、こころを尽くしてお世話します。地域社会に「信頼」をさまざまな機関との連携をすすめ、開かれた病院をめざします。救急・予防・リハビリテーションまで地域に必要な医療を提供します。常に新しい知識と技術の集積につとめ、高度医療に取り組みます。明日に希望を医療と福祉の実践をとおして生きがいに満ちた生活を支援します。利用者と職員の希望をはぐくむ職場づくりをすすめます。和を大切にし一丸となって地域医療の発展に努めます。

住所

  • 501-3802 関市若草通5-1

診療の特徴、実績

  • 1.高度医療に取り組み、地域に安心と信頼の医療を提供する救命救急センターにて二次、三次の重症症例を24時間体制で受け入れる ヘリポート設置外来 専門的な診療科、最新の高度医療機器により、急性期の多様な疾患に対応する入院 快適な療養環境で、退院後の生活までサポートする

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 307.0人

一日平均外来患者数

  • 987.8人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.5日/0.0日

年間分娩件数

  • 196件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 2件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 救命救急センターは20床を有し、緊急の重篤患者さんに対して、最善の救命医療を行うことを使命とし、24時間365日患者さんを受け入れる体制を確保しています。年間2,000台を超える救急車を受け入れ10,000名以上の救急患者の診察を行っています。救急救命士の臨床教育・研修にも力を入れています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救命救急センター

一日平均救急外来患者数

  • 46.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 6.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 52人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1回16,500円+深夜実働時間外手当支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1or2人

勤務体制

  • 夜間救急での診療、休日は昼間・夜間の2交代制勤務

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 無し

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 中濃厚生病院では、初期臨床研修医が、ジェネラリスト及びスペシャリストの医師としての基本を習得することと病院のスタッフ全員で初期臨床研修医を育てることを初期臨床研修の理念としております。研修医のみなさんには、当院において、実際の医療を見て、学び、そして実践することにより、患者さんに、病態生理にもとづいて説明ができ、診療ができるという医学の基本的なことを身につけてもらうよう期待しております。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • ○中濃厚生病院は地域の中核病院で、救命救急センターがあり、一次救急から三次救急まで受け入れています。したがって、ありふれた一般的な疾患から重症の救急症例まで幅広く学ぶことができる点に魅力を感じました。 また、1年目は内科系と外科系が3カ月おきになっている、2年目の選択期間が長いなどの研修システムにも惹かれました。  病院見学をさせていただいた際には、皆さんが気持ちよく挨拶をしてくださり、大変良い病院の雰囲気を感じました。先生方も本当に優しく丁寧に教えてくださり、是非この病院で研修をしたいと強く感じました。当院は実践の機会に恵まれており、研修医はステップアップできるよう、患者さんは利益を損なうことのないよう、配慮されています。○当院の魅力といえば、三次救急まで担う地域の中核病院であること、かといって当直回数が多すぎないこと、病院の規模が研修に最適であること、比較的自由の効く研修カリキュラム、手厚い待遇、などなど枚挙に遑が無いのです。しかし一番の魅力は、院内の雰囲気が良く、スタッフの方々が即戦力からは程遠い我々新人に対しても親切に接してくださることだと思います。 私は出身も大学も岐阜ではありませんが、単願で当院を研修病院に選ばせていただきました。少しでも興味のある学生の方は、是非一度見学に来てください。 見学に来て、研修医から話を聞いてみて下さい。理想的な研修病院であることを知ってもらえるのではないかと思います。病院ホームページ参照

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/30 21:23:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 土-P3-379 HER2陽性切除不能進行・再発胃癌に対するTrastuzumab併用療法での薬剤師の関わりと今後の取り組み(がん薬物療法(服薬指導・情報提供),ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)
  • 足立 茂樹,守屋 猛
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 23, 315, 2013-08-28
  • NAID 110009796635
  • O10-2 HRCT画像を用いた気管支壁,気管支内腔径の検討(解剖・気道上皮,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
  • 神谷 文彦,大野 康,半田 直久,玉木 英俊,大須賀 健,岩田 啓之,垣内 大蔵,柳瀬 恒明,伊藤 文隆,遠渡 純輝,舟口 祝彦,安田 憲生,湊口 信也
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(Supplement), S161, 2013-05-20
  • NAID 110009701978

関連リンク

中濃厚生病院 増床棟工事が完成しました 新しい前立腺がん診断システム MRIガイド下3D経直腸超音波による前立腺生検 平成28年度採用 初期臨床研修医採用選考試験 随時受付中!! 詳細はお問い合わせ下さい 平成 ...
岐阜県中濃地区で3次救急を担う基幹病院です。ドクターは高度な技術と知識で質の高い最先端医療に取り組んでいます。最新鋭の設備と豊富な経験を積んだ指導医のもと、研修に専念できる環境下で医師としての一歩をはじめませんか。

関連画像

岐阜県厚生連 東濃厚生病院階東(脳神経外科・泌尿器科 JA岐阜厚生連 中濃厚生病院 JA岐阜厚生連(岐阜県厚生



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡