中心性漿液性脈絡網膜症

出典: meddic

central serous chorioretinopathy
黄斑疾患


まとめ

参考1,2,3 SOP.147
  • 原因不明であり30-50歳の中年男性に好発する黄斑疾患の一つ。黄斑部の網膜と脈絡膜のあいだにある網膜色素上皮細胞のレベルで裂隙が生じ、脈絡膜からの漏出液が貯留する(このため、蛍光眼底造影で造影される)。片眼性が多いが両眼性もありうる。視力低下は0.5-0.7程度で網膜が隆起しているために遠視化する。治療はビタミンB1、血管拡張薬、循環ホルモン薬などがある。遷延例、再発例、自覚症状が強い例で、なおかつ蛍光漏出部が中心窩から離れている場合には光凝固の適応である。

鑑別疾患

  • 視神経乳頭ピット、原田病、加齢黄斑変性、ステロイドの使用による網膜色素上皮症 (SOP.147)

参考

  • 1.
[display]http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_tyushin.jsp
  • 2.
[display]http://www.self-clinic.net/t-word/2008/04/post-13.html
  • 3.
[display]http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/html/medical/ophthalmology/node65.html

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Enhanced Depth Imaging と中心性漿液性脈絡網膜症の脈絡膜OCT所見
  • 丸子 一朗
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(9), 1243-1248, 2011-09-30
  • NAID 10029821879
  • 臨床報告 高齢者の中心性漿液性脈絡網膜症様所見を呈した原田病の1例
  • 小池 直子,尾辻 剛,中内 正志 [他]
  • 臨床眼科 65(9), 1523-1529, 2011-09
  • NAID 40019005449
  • 再発性眼疾患に対する漢方治療の有効性 : 眼科漢方30年の経験から
  • 山本 昇吾,藤東 祥子
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 62(3), 347-358, 2011-05-20
  • … 疾患の内訳は,再発性麦粒腫,再発性多発性霰粒腫,再発性結膜下出血,再発性糸状角膜炎,再発性角膜ヘルペス,Posner-Schlossman Syndrome,中心性漿液性脈絡網膜症,再発性硝子体出血であったが,随証治療の原則に従い,継続的に漢方治療を施したところ27例中12例で3年以上にわたって再発を認めなかった。 …
  • NAID 10029129585

関連リンク

今回のテーマは「中心性漿液性網脈絡膜症」。眼の奥の網膜の真ん中あたりに水が 溜まって、視力が悪くなったり、見ている物がゆがんだりするっていうお話。バリバリ働い ている人に起こりやすい病気らしいヨ。 ...
中心性漿液性脈絡網膜症. ■はじめに 中心性漿液性脈絡網膜症は、光を感じる神経の 膜である網膜の中で、最も視力に関係する部分(黄斑)に網膜剥離が発生する病気です 。30~50代の働き盛りの男性に多くみられます。片方の目に発症することが多いの ...

関連画像

 現在中心性漿液性脈絡網膜症中心性漿液性脈絡網膜症帯広市医師会:病気豆知識中心性漿液性脈絡網膜症 その 中心性漿液性脈絡網膜症中心性漿液性脈絡網膜症OCTでの中心性漿液性網脈絡膜症 中心性漿液性脈絡網膜症の写真


★リンクテーブル★
国試過去問105I033」「108B025」「107I005
リンク元黄斑疾患」「網膜剥離」「central serous chorioretinopathy
関連記事網膜」「中心」「網膜症」「中心性」「脈絡

105I033」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105I032]←[国試_105]→[105I034

108B025」

  [★]

  • 虹彩ルベオーシスの原因となるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B024]←[国試_108]→[108B026

107I005」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I004]←[国試_107]→[107I006

黄斑疾患」

  [★]

SOP.147

  • 中心性漿液性脈絡網膜症
  • 嚢胞様黄斑浮腫
  • 加齢黄斑変性:網膜上皮の萎縮をきたすdry typeと出血・浮腫・網膜色素上皮剥離を伴うwet typeがある。黄斑下に血管線維性増殖組織(脈絡膜新生血管網)がみられ、浮腫の周囲には硬性白斑を伴う。脈絡膜新生血管に対し、光感受性物質とレーザーを組み合わせた光力学療法や抗VEGF抗体(ベバシズマブ)による治療がある。
  • 黄斑円孔:網膜硝子体界面の加齢変化のため、中心窩を中心に放射状に網膜が接線方向に牽引され、中心窩が挙上され嚢腫ができ前壁が消失して中心窩に円孔が形成される。治療は硝子体手術による円孔の閉鎖である。
  • 近視性黄斑萎縮
  • 網膜硝子体界面黄斑変性症
  • 薬物毒性黄斑変性症
  • 遺伝性黄斑変性症
  • 黄斑ジストロフィ


網膜剥離」

  [★]

retinal detachment, RD
amotio retinae
網膜


概念

分類

  • 滲出性網膜剥離
  • 牽引性網膜剥離

リスクファクター

症状

  • 前駆症状:光視症飛蚊症 → 進行した後の症状:視野障害、視力障害

検査

  • 眼底検査

治療

  • 網膜裂孔の閉鎖:レーザー光による網膜光凝固法、網膜冷凍凝固法、高周波電流(ジアテルミー)による網膜熱凝固
  • 強膜内陥術:部分締結術、輪状締結術
  • 硝子体切除術



central serous chorioretinopathy」

  [★] 中心性漿液性脈絡網膜症


網膜」

  [★]

retina
眼球



  • 図:SP.275,

組織学

  • 10層よりなる (SP.275)
構造 細胞体
脈絡膜
網膜
1 色素上皮層   色素上皮細胞 pigment epithelium cell
2 杆体錐体層 rod and cone layer    
3 外境界膜      
4 外顆粒層 outer nuclear layer 視細胞 photoreceptor
5 外網状層 outer plexiform layer    
6 内顆粒層 inner nuclear layer 双極細胞 bipolar cell
水平細胞 horizontal cell
アマクリン細胞 amacrine cell
7 内網状層 inner plexiform layer    
8 神経節細胞層 ganglion cell layer 神経節細胞 ganglion cell
9 神経線維層 optic nerve fiber layer    
10 内境界膜      
  • 視細胞層(外顆粒層)には以下の細胞が存在


臨床関連


中心」

  [★]

centercentrehubcentrumcentrocentralmedial
センター中央中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的内側内側性中央に置く椎体中枢ハブ


網膜症」

  [★]

retinopathy
クロロキン網膜症血管痙縮性網膜症高血圧性網膜症




中心性」

  [★]

central
中心中心的中枢神経性中枢性中枢的中枢


脈絡」

  [★]

contextcontextual
構成状況前後関係文脈




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡