中心帯壊死

出典: meddic

centrilobular necrosis
小葉中心壊死


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

小葉中心帯壊死, アセトアミノフェン,ハロセン,フルコナゾール. 脂肪肝, テトラサイクリン,パルプロ酸. 2.胆汁うっ帯型, アモキシシリン,エストロゲン, エリスロマイシン, クロルプロマジン,蛋白同化ホルモン. 3.混合型, アロプリノール, キニジン,フェニトイン.
Acinus 内では領域による機能の違いがみられ、小葉中心域は薬物代謝. 酵素 P-450 が豊富で多くの薬物代謝に関わるため薬物性肝障害の発現領. 域となることが多い。 薬物性肝障害の壊死、炎症所見は、原因薬物によ. って、それぞれの領域に特徴的に 分布 ...

関連画像

写真・その他【2010年8月〜2011年 写真・その他【2010年8月〜2011年 治療、管理と予防 [薬物性肝 写真・その他【2010年8月〜2011年 リンパ濾胞の基本構造は保たれ 胚中心には tingible body macrophage


★リンクテーブル★
関連記事中心」「壊死

中心」

  [★]

centercentrehubcentrumcentrocentralmedial
センター中央中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的内側内側性中央に置く椎体中枢ハブ


壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡