中川五郎治

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/24 08:15:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 種痘を開発したジェンナーと我が国で初めて種痘を行った中川五郎治
  • 松木明知編著『中川五郎治書誌』

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 中川五郎治の用語解説 - 江戸後期の北方系牛痘種痘法の伝来者。陸奥国川内村(青森県下北郡川内町)生まれ。小針屋佐助の子。本名は佐七。エトロフ島の会所番人であったが,文化4(1807)年ロシア船の同島襲撃で ...
北海道松前藩観光奉行内に登録されているデータベースの検索結果 ... 中川五郎治は本名を小針屋左七(こばありやさしち)といい、1768年、青森県下北郡川内村に生まれた。1807年、択捉島の幕府会所に勤務中、ロシア船の来襲に遭遇し ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡