両脚支持期

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高齢者の歩行において重力の利用を低下させる原因
  • 小宅 一彰,三和 真人
  • 理学療法学 37(2), 70-77, 2010-04-20
  • … 測定項目は時間距離因子(歩行速度,重心移動幅,両脚支持期,歩行率,ステップ長,歩隔),関節運動および筋力がなす仕事量(股関節,膝関節,足関節),%Rである。 …
  • NAID 110007610276

関連リンク

最も高いときは立脚中期で、最も低いときは踵接地時(両脚支持期)です。 移動の振幅は 約5cmで速く歩くと振幅が大きくなります。 2)左右移動:最も側方へ移動するのが立脚 中期で振幅は約3cmであり、. 最も移動の少ないのが踵接地時(両脚支持期)です。
歩行の両脚支持期は,両足が接地している。正常歩行では,歩行周期に2回あり,その 約20%ほど ... 単脚支持期. 歩行の単脚支持期は,片足が接地している。正常歩行では ,歩行周期に2回あり,その約30%を占めている。 正常歩行の各パラメータ. 歩隔. 歩幅.

関連画像

脳血管性パーキンソニズムの 一方これが片麻痺者の装具無し  両脚支持期/右:立脚中期アメリカPT(理学療法)・OT


★リンクテーブル★
関連記事支持

支持」

  [★]

supportendorsementsupportfavorfavourunderpinendorsebolstersustentacular
援助好む支援親切担体保証補助推奨好意補強サポート裏づけ裏付け裏書き支える、支持的精神療法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡