両耳聴効果

出典: meddic

和文文献

  • 両耳受聴のための多点拘束ビームフォーミングアルゴリズム(立体音響・音場制御/聴覚/一般)
  • 西村 竜一,鈴木 陽一
  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 105(231), 13-18, 2005-08-12
  • … 両耳受聴のためのマイクロホンアレー処理は, 人間の両耳聴効果を利用することで, 入力音の増幅量を同じくして雑音感を軽減したり, 定位感を確保するのに有効であると期待される技術である.実際には, 目的方向以外の音を抑制しつつ, 特定の方向に対しては所望の両耳間レベル差および時間差を実現する信号処理が求められる.これを実現するために, 多点拘束条件付アルゴリズムや重み付き最小二乗法に基づくアルゴ …
  • NAID 110003285003

関連リンク

騒音と聞きたい音源の区別する力が働き、うるさい所での会話が楽になります。 両耳 加算効果, 左脳と右脳. 両耳で聞くと音が倍になるので補聴器の音量を小さくでき、また 耳への負担を小さくすることができます, 左右の脳はそれぞれ助け合って働いています。 ...

関連画像

東北大学大学院 医工学研究科 クリックすると元のサイズで 聞く こと が できる 両 耳 聴 図.提案する選択的両耳聴



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡