両大血管左室起始症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 両大血管左室起始症(DOLV)に対する外科治療の検討
  • 坂本 貴彦,今井 康晴,高梨 吉則,星野 修一,瀬尾 和宏,寺田 正次,青木 満,末次 文祥
  • 日本胸部外科学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery 45(12), 1922-1930, 1997-12-10
  • NAID 10007615227
  • 190) 両大血管左室起始症の1治験例 : 日本循環器学会第63回近畿地方会
  • 南渕 明宏,八木原 俊克,岸本 英文,磯部 文隆,山本 文雄,藤田 毅,神谷 哲郎
  • Japanese circulation journal 53(SupplementI), 191, 1989-04-01
  • NAID 110002606702

関連リンク

横浜市立大学医学部外科治療学 教授 益田宗孝 【定義】 両大血管右室起始症とは大動脈と肺動脈の両大血管の半分以上が右室から出ている心奇形である。心室中隔欠損を伴っており、大血管関係は正常関係のものと大血管転位型 ...
両大血管右室起始症 (りょうだいけっかんうしつきししょう、英: Double outlet right ventricle ... 左室の血流は主として肺動脈に流れるため、VSD を伴う大血管転位(TGA)とよく似た血行動態となり、新生児期から 呼吸困難や心不全 ...

関連画像

両大血管右室起始症画像右室肺動脈間に人工血管をつ 両大血管下型 よりよく 両大血管右室起始症


★リンクテーブル★
関連記事血管」「」「起始

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

起始」

  [★]

origin (M)
起始




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡