不顕性骨折

出典: meddic

occult fracture
  • 単純X線写真上では骨折の存在が明らかではないが、MRIなどによって骨折が確認されるもの



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 意外に多い高齢者のみえない骨折--その診断のポイント
  • 肩関節・四肢の打撲--上肢の軽度外傷を中心に (特集 小児の打撲に対する初期対応のポイント)

関連リンク

はじめに 不顕性骨折(occult fracture)とは「初診時X線像で明らかに診断できなかった骨折」という意味で,不全骨折(insufficiency fracture),疲労骨折(fatigue fracture),骨挫傷(bone bruise)を総称して使用されている(表1 ...
膝関節内骨折 (不顕性骨折 ふけんせいこっせつ) 自転車走行時に転倒したり、膝を他の原因で強打した直後、 病院へ行ってレントゲンを撮ったときに異常は見つからず、打撲と判断され、 しかし、何日たっても痛みや腫れが引かない場合が ...
医療法人 大真会 大隈病院では、大曽根にお住まいの皆様をはじめ、地域の皆様に愛される「かかりつけ医院」を目指しています。特に脳神経外科では、24時間365日専門医が対応できるよう心がけております。

関連画像

線状の跡が残ります。骨ごととれてしまいます。竹節骨折(膨隆骨折)上から見てみると、一旦壊れた骨の構造は、


★リンクテーブル★
関連記事骨折」「顕性」「不顕性

骨折」

  [★]

fracture

高齢者における骨折の好発部位

参考1

多い

  • 上腕骨頚部:転倒して手を伸ばしてついた、直接方外側を打った場合に外科頚骨折しやすい。特に高齢者、特に女性に多い。
  • 橈骨遠位部:コーレス骨折(Colles骨折)は10歳前後の小児と骨粗鬆症を有する老人に多い。
  • 椎骨(椎体圧迫骨折):骨粗鬆症を生じている女性に多い。
  • 大腿骨頚部

やや多い

  • 肋骨
  • 上腕骨遠位部
  • 坐骨?
  • 大腿骨遠位部
  • 脛骨近位部
  • 脛骨位部

小児の骨折

小児骨折

骨折による骨癒合しにくい部位

血流が乏しいことによる
  • 大腿骨頚部内側骨折、手根骨舟状骨骨折、脛骨中下1/3骨折、距骨骨折

骨折による出血量

SOR.631
  • 開放骨折の場合には2倍の出血量が予想される。
骨盤骨折 1000-5000ml
大腿骨骨折 500-1000ml
脛骨骨折 500ml
上腕骨骨折 350ml

診察

  • 1. 皮下骨折/開放骨折
  • 2. 血管損傷の有無
  • 3. 末梢神経損傷の有無
  • 4. 軟部組織の損傷
  • 5. 受傷部位周辺臓器の損傷
  • 6. 受傷後の時間経過

参考

  • 1. 高齢者の転倒障害
http://www.biomech.mech.nagoya-u.ac.jp/iplweb/impact_bio/pdf/1st/Harada.pdf




顕性」

  [★]

dominantmanifestovert
著しい、明らかにする著明ドミナント明白優位優性優占支配的顕在化現す


不顕性」

  [★]

latentmaskinginapparent
潜在性潜伏マスキング遮蔽潜在潜在型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡