不顕性感染

出典: meddic

inapparent infection
無症状感染 symptomless infection、無症候性感染 silent infection、亜臨床感染 subclinical infection
顕性感染サブクリニカル感染感染


  • 伝染力の強い菌に感染しているにもかかわらず、発症していない状態


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/02 20:59:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 流行性耳下腺炎 (特集 Vaccine preventable diseases を制御するためのわが国の課題)
  • E型肝炎の現況 (特集 肝炎診療の新たな展開) -- (診断・検査・治療)

関連リンク

不顕性感染 ふけんせいかんせん ウイルスなど病原体に感染したにもかかわらず、臨床症状を示さずに経過する状態。無症状感染、無症候性感染ともいう。また、明らかな臨床症状がないという意味でサブクリニカル(亜臨床)感染の ...
細菌やウイルスなど病原体の感染を受けたにもかかわらず,感染症状を発症していない状態をいう。一般に感染しても必ず発症するとはいえず,大部分がこの不顕性感染となる。感染症状は抗体陽性や遅延型過敏反応などで確認される。

関連画像

ているケース(不顕性感染 が出ないまま(不顕性感染 現れない場合(不顕性感染)が 不顕性感染』の画像を検索  不顕性感染動物群におけるPC不顕性感染(ウイルスは感染


★リンクテーブル★
先読みsymptomless infection」「subclinical infection
リンク元ノロウイルス感染症」「サブクリニカル感染」「亜臨床感染
関連記事感染」「顕性」「顕性感染」「不顕性

symptomless infection」

  [★]

silent infection
サブクリニカル感染


subclinical infection」

  [★] サブクリニカル感染


ノロウイルス感染症」

  [★]

ノロウイルスノーウォークウイルス

病原体

疫学

  • 乳幼児期の急性胃炎の原因 (SMB.449)
  • 学童期以降成人のウイルス性胃腸炎、ウイルス性食中毒の原因ウイルス
  • 10月-4月
日本では生ガキを喫食するため

顕性

  • 50%が不顕性感染
  • Approximately 50% of persons challenged with Norwalk virus become ill and acquire short-term immunity against the infecting strain.(HIM.1206)

潜伏期

  • 24-48時間

感染経路

  • 糞口感染
  • 嘔吐物が乾燥し、エアロゾルとなって経口的に感染しうる
  • 呼吸器を介して感染しない
  • 小腸の上皮細胞で増殖

症状

  • 突然の嘔吐、下痢、腹痛
  • 脱水により重症化することはまれ
  • 発熱は38℃をこれることはまれ

HIM.1205

  • 平均24時間(12-72時間)の潜伏期を経て、胃腸炎を突然発症。経過は12-60時間。
  • 消化器症状:悪心・嘔吐、腹部疝痛、下痢
  • 嘔吐は子供に多い
  • 下痢は成人に多い
  • 全身症状:頭痛、発熱、悪寒、筋痛
  • 症状の重症度:ロタウイルス>ノロウイルス>サポウイルス

経過

  • 1-3日で回復
  • 回復後3-7日間は糞便中にウイルスを排出し続ける

治療

  • 特異的治療法なし

検査

  • 便:軟便~水様便、×血便、粘液便、白血球なし (HIM.1205)
  • 血液:血球数異常なし、時に白血球増多+相対的リンパ球減少 (HIM.1205)

予防

  • ワクチン無し

予後

  • 死亡は稀。死亡する場合、脱水による(老衰している老人など)。(HIM.1205)


サブクリニカル感染」

  [★]

subclinical infection
無症状感染 silent infection、不顕性感染 inapparent infection潜伏感染 latent infection
感染感染症


亜臨床感染」

  [★]

subclinical infection
不顕性感染


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




顕性」

  [★]

dominantmanifestovert
著しい、明らかにする著明ドミナント明白優位優性優占支配的顕在化現す


顕性感染」

  [★]

apparent infection
不顕性感染感染

顕性感染の確率が高い感染症



不顕性」

  [★]

latentmaskinginapparent
潜在性潜伏マスキング遮蔽潜在潜在型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3