不随意収縮

出典: meddic

involuntary contraction



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 不随意収縮を合併した開胸術後症候群に対してボツリヌス毒素療法が有効であった1例
  • 小幡 千亜紀,小林 俊哉,松沢 理恵 [他]
  • 日本ペインクリニック学会誌 21(2), 115-118, 2014
  • NAID 40020161483
  • 臼歯部咬合支持域の喪失が電気刺激による外乱時の姿勢安定性に及ぼす影響
  • 石上 貴之,高橋 敏幸,黒川 勝英,上野 俊明
  • 日本補綴歯科学会誌 6(3), 309-316, 2014
  • … ない健常成人15名(26.3±3.1歳)である.フォースプレート上に開眼,閉足状態で直立させ,右側下肢の総腓骨神経に1msecの最大上経皮電気刺激を8–10秒間隔でランダムに与えて,長腓骨筋および前脛骨筋を不随意収縮させた.咬合条件は①下顎安静状態(Control),②前歯接触型スプリント装着時の随意性最大噛みしめ(AntSP-CL),③随意性最大噛みしめ(CL)とし,外乱後1秒間の重心動揺総軌跡長,前後および左右方向 …
  • NAID 130004679481
  • 大承気湯加茵蔯蒿が著効した片側顔面痙攣の1症例
  • 福田 知顕,川鍋 伊晃,及川 哲郎 [他],花輪 壽彦
  • 日本東洋医学雑誌 64(4), 222-226, 2013
  • … 本症例の顔面痙攣は,左顔面の発作性不随意収縮であり,症状が片側性であったことから片側顔面痙攣と診断した。 …
  • NAID 130003385097

関連リンク

不随意運動 好発部位 運動の速度 性質 筋収縮 アテトーゼ 四肢遠位筋 時に顔・舌・顎筋など ゆっくり 持続的 波動的な動き 拮抗筋間の不規則 持続的な収縮 バリズム 四肢近位筋 (一側性) 速い 激しい 四肢を投げ出すような動き
デジタル大辞泉 不随意運動の用語解説 - 1 脊椎動物で、自分の意志によらず、不随意筋によって行われる運動。心筋の収縮、横隔膜や胃腸の伸縮、消化液の分泌などの内臓の運動や、反射による運動などがある。→随意運動2 意志とは ...

関連画像

スポーツにおける「主な」痛み  不随意 収縮 抑制 膀胱 ム の不随意な収縮に関する機能による不随意で持続的な筋収縮  不随意収縮の抑制を目的とした図2.不随意収縮を起こす


★リンクテーブル★
関連記事随意」「不随意」「随意収縮

随意」

  [★]

facultativevolitionaloptionalelective
偶発性、選挙、選択通性任意オプション待期的

不随意」

  [★]

involuntary
不随意性

随意収縮」

  [★]

voluntary contraction




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡