不全骨折

出典: meddic

incomplete fracture
不完全骨折
骨折

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊椎圧迫骨折 (特集 骨粗鬆症--早期に見つけ寝たきりを防ぐ) -- (骨折)
  • 岸本 光司,井樋 栄二
  • 診断と治療 99(10), 1683-1688, 2011-10
  • NAID 40019029488
  • 骨脆弱性による大腿骨骨幹部不全骨折の治療経験
  • 小林 勇人,加藤 紀彦
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 52(3), 757-758, 2009-05-01
  • NAID 10026233834

関連リンク

なお、一度あたりにかかる外力は骨の耐久度以下のものであるにも関わらず、疲労 により起きる為、不全骨折(亀裂骨折)となりやすい。 病的骨折: 何らかの疾病により、骨 の健康性が失われたことに起因する骨折を指す。直接的には何らかの外力が働いた こと ...
呼び名. 骨折と同時に皮膚が破れて骨折部が露出したものを開放性骨折と呼び、治療を 急ぐ必要があります。 骨折部が複雑に粉砕したものは粉砕骨折と呼び、今は複雑骨折 という名称は使いません。また、転位(ずれ)の無いヒビだけの骨折を不全骨折と呼ぶ事 ...

関連画像

第 5 中 足骨 不全 骨折 の 疑い右腓骨不全骨折 長軸捜査イメージ 1骨折癒合不全 レントゲン 獣医 肋骨不全骨折前へ


★リンクテーブル★
リンク元不完全骨折」「insufficiency fracture
関連記事骨折」「不全

不完全骨折」

  [★]

incomplete fracture
不全骨折



insufficiency fracture」

  [★] 不全骨折脆弱性骨折


骨折」

  [★]

fracture

高齢者における骨折の好発部位

参考1

多い

  • 上腕骨頚部:転倒して手を伸ばしてついた、直接方外側を打った場合に外科頚骨折しやすい。特に高齢者、特に女性に多い。
  • 橈骨遠位部:コーレス骨折(Colles骨折)は10歳前後の小児と骨粗鬆症を有する老人に多い。
  • 椎骨(椎体圧迫骨折):骨粗鬆症を生じている女性に多い。
  • 大腿骨頚部

やや多い

  • 肋骨
  • 上腕骨遠位部
  • 坐骨?
  • 大腿骨遠位部
  • 脛骨近位部
  • 脛骨位部

小児の骨折

小児骨折

骨折による骨癒合しにくい部位

血流が乏しいことによる
  • 大腿骨頚部内側骨折、手根骨舟状骨骨折、脛骨中下1/3骨折、距骨骨折

骨折による出血量

SOR.631
  • 開放骨折の場合には2倍の出血量が予想される。
骨盤骨折 1000-5000ml
大腿骨骨折 500-1000ml
脛骨骨折 500ml
上腕骨骨折 350ml

診察

  • 1. 皮下骨折/開放骨折
  • 2. 血管損傷の有無
  • 3. 末梢神経損傷の有無
  • 4. 軟部組織の損傷
  • 5. 受傷部位周辺臓器の損傷
  • 6. 受傷後の時間経過

参考

  • 1. 高齢者の転倒障害
http://www.biomech.mech.nagoya-u.ac.jp/iplweb/impact_bio/pdf/1st/Harada.pdf




不全」

  [★]

機能不全、失敗、不十分不全症不足無能無能力弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3