下大静脈

出典: meddic

inferior vena cava (Z), IVC
vena cava inferior


走行

枝 (KL.409)

  1. 腰静脈
  2. 精巣静脈・卵巣静脈
  3. 腎静脈
  4. 肝静脈
  5. 下横隔静脈

臨床関連

  • エコーによる下大静脈の拡大 → 静脈血のうっ滞


参考1
右房圧 下大静脈径 呼吸性変動
5mmHg ≦18mm あり
10mmHg ≧18mm あり
15mmHg なし

参考

  • 1.
[display]http://www.us-kensahou-seminar.net/muse4/ch2/sub5/index.html



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/28 16:03:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高度脈管浸潤を伴う肝細胞癌に対する拡大手術 (特集 消化器癌拡大手術の最新手技)
  • 田中 基文,福本 巧,木戸 正浩 [他]
  • 手術 66(13), 1853-1859, 2012-12
  • NAID 40019512651
  • 症例報告 外傷性十二指腸壁内血腫により下大静脈血栓が生じ,肺血栓塞栓症を発症した1例
  • 安藤 雅樹,稲田 眞治,田口 学 [他]
  • 日本救急医学会中部地方会誌 8, 8-12, 2012-10
  • NAID 40019457406
  • Case Report 下大静脈腫瘍栓を伴った腎癌術後,非感染性DICが疑われる症例に対し,トロンボモジュリン製剤が著効した一例
  • 田村 啓多,高山 達也,杉山 貴之 [他]
  • Thrombosis medicine 2(3), 302-305, 2012-09
  • NAID 40019430549

関連リンク

下大静脈(かだいじょうみゃく、inferior vena cava(IVC))とはヒトの体の中でいちばん 大きな静脈で、その直径は約3.5cmである。下半身からの血液を集めて心臓に 流れ込んでいる。 下大静脈は腹腔の後部で脊柱の右側を上行しており、右下方の後面 から右 ...
デジタル大辞泉 下大静脈の用語解説 - 腰椎下端部で左右の下肢の静脈が合流する ところに始まり、さらに腎静脈・肝静脈などから血液を受け入れ、右心房に送るまでの 静脈の本幹。 ...
2012年1月4日 ... 下大静脈とは、全身に酸素を供給した血液が心臓に戻るときに通る太い静脈2本のうち のひとつ。骨盤内?ではじまり腹部を通って上方に進み、心臓の右心房につながる。下肢 、骨盤部?、腹部内臓?などのすべてからの血液が集まる。

関連画像

肝臓・胆嚢・膵臓Diagram of the human heart (cropped) ja 下大静脈 ・・・・・ IVC inferior 参考 下大静脈へと腫瘍血栓をつくり下大静脈Gray577.png


★リンクテーブル★
リンク元解剖学」「横隔膜」「心臓」「副腎」「肝静脈
拡張検索下大静脈口」「下大静脈後リンパ節
関連記事静脈」「大静脈

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8
  • 下大静脈
  • (右横隔神経)

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






心臓」

  [★]

heart
cor
循環器

性状

  • 約300g。

体表解剖

  • 心臓の上縁:左の第2肋軟骨の下縁と右の第3肋軟骨を結ぶ線上
  • 心臓の右縁:右の第3肋軟骨から右の第6軟骨に向かう線。この線は外側に向かって弓状をなす。
  • 心臓の下縁:右縁の下端から第5肋間隙で左鎖骨中線の近くに向かう線
  • 心臓の左縁:上縁と下縁を外側に凸となる曲線で結んだ線

機能血管

動脈

静脈

心臓の栄養動脈 (M.92)

  • 洞房結節枝
  • 右縁枝
  • 後下行枝 = 後室間枝
  • 房室結節枝
  • 左前下行枝
  • 対角枝
  • 回旋枝
  • 左縁枝


心臓の栄養静脈 (M.95)

心臓の静脈の特徴

心音の聴診

心臓の生理

  • 酸素供給能 = 心臓の送血能 x 血液のHb量 x (動脈の酸素飽和度(肺) - 静脈の酸素飽和度(末梢))
  • 心臓の酸素消費量と仕事



副腎」

  [★]

adrenal gland (KH), suprarenal gland (Z)
腎上体



解剖

  • 第一腰椎の高さ

血管(図:N.322)

  • 動脈は3本入り、静脈は1本
  • 下大静脈との位置関係により、静脈が流れ込む先が異なる

動脈

静脈

  1. ref(renal_gland_av.png,副腎)


組織

  • 皮質
  • 髄質

機能



肝静脈」

  [★]

hepatic vein (Z)
venae hepaticae
下大静脈門脈
  • 右肝静脈:左葉の前後区域間を走行。S5+S8 と S6+S7 の間を走行。
  • 中肝静脈:前区域と左内側区域間に沿って走行。走行は右葉と左葉間のRex-Cantile線と一致。S1-4とS5-8を分ける
  • 左肝静脈:左外側区域の上下亜区域肝を走行。中肝静脈と合流して下大静脈に注ぐ。
  • 横隔膜の腱中心のすぐ下で下大静脈に注ぐ(KL.373)



下大静脈口」

  [★]

opening of inferior vena cava (Z)


下大静脈後リンパ節」

  [★]

nodi lymphatici postcavales


静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。


大静脈」

  [★]

vena cava
静脈



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡