下垂体脱感作作用

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

【作用機序】LH-RHアゴニストは、初回投与直後一過性に下垂体-性腺系刺激作用(急 性作用)を示すが、投与を続けることで持続的に受容体を刺激して、受容体を脱感作* させる。これにより下垂体からの性腺刺激ホルモンであるLH ...
クロミフェンは弱いエストロゲン製剤で、視床下部に作用して、内因性GnRHの分泌を促進することにより排卵を誘発し、高い排卵率と比較的少ない副作用発生率が特徴的であります。次に、クロミフェン無効の無排卵性周期症や第1度無 ...

関連画像

レディースケアネット内分泌療法別のホルモン動態の


★リンクテーブル★
リンク元逆説的下垂体抑制
関連記事下垂体」「作用」「脱感作」「感作

逆説的下垂体抑制」

  [★]

paradoxical suppression of pituitary gland
下垂体脱感作作用

下垂体」

  [★]

pituitary gland (Z), hypophysis (Z)
glandula pituitaria
脳下垂体
  • 図譜では矢状断のものしか載っていないが、前頭断で見ると意外に横に長い、みたい。

発生学(L.413)

  • 胎生第4週に下垂体前葉と下垂体後葉が接する。Rathke嚢の細胞は、活発に分裂して前葉を形成し、内腔は殆ど閉鎖する。成人ではコロイドを満たした小嚢胞として前葉と後葉の間に認められる。


画像

  • MRI T1:(高信号)下垂体後葉 > 下垂体前葉   ←  脂肪濃度を反映しているのですかね?軸索が多いでしょ?




作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例


脱感作」

  [★]

desensitization
除感作



感作」

  [★]

sensitization





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡