下垂体性巨人症

出典: meddic

[[]]
[[]]


-巨人症
giantism
gigantism

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 間脳・下垂体腫瘍の治療 薬物治療 GH産生腺腫(先端巨大症,下垂体性巨人症) (内分泌腺腫瘍--基礎・臨床研究のアップデート) -- (間脳・下垂体腫瘍)
  • 栗本 真紀子,肥塚 直美
  • 日本臨床 69(-) (995), 197-201, 2011-03
  • NAID 40018749365
  • 間脳・下垂体腫瘍の病態生理と臨床像 GH産生腺腫(先端巨大症,下垂体性巨人症) (内分泌腺腫瘍--基礎・臨床研究のアップデート) -- (間脳・下垂体腫瘍)

関連リンク

下垂体性巨人症。下垂体性巨人症とはどんな病気か 子どもで、成長ホルモンが過剰に分泌されることにより、高身長になる病気です。高身長は、定義上100人のうち2〜3人はいますが、ほとんどは病気ではなく体質的なものです。下垂 ...
一覧へ戻る 先端巨大症および下垂体性巨人症の治療薬 「ソマチュリン®皮下注」の製造販売承認取得について 2012年6月29日 帝人ファーマ株式会社 帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:荒尾 健太郎)は、本日、先端 ...
下垂体巨人症の診断基準 1990年、厚生省間脳下垂体機能障害研究班 (1)主症候: <1>著明な身長の増加: ... 1.脳性巨人症 2.その他の原因による高身長を除く。 下垂体巨人症 growth hormone(GH )の過剰分泌が骨端線閉鎖 ...

関連画像

大塚文男助教イメージ 1アクロメガリー典型例資料4:「国内PhaseI/II試験 症状」那珂川町 小児科 江副


★リンクテーブル★
リンク元内分泌」「ブロモクリプチン
関連記事下垂体」「」「巨人症

内分泌」

  [★]

endocrine, internal secretion


  • その他



ブロモクリプチン」

  [★]

bromocriptine
メシル酸ブロモクリプチン bromocriptine mesilate
パーロデル ParlodelパルキゾンアップノールBエレナントコーパデルデパロパーロミンパドパリンパロラクチンメーレーン
  • パーキンソン病治療薬
  • ドパミン受容体作動薬

特徴

  • (麦角)バッカクアルカロイドの誘導体。

構造

作用機序

薬理作用

動態

適応

注意

禁忌

副作用

添付文書

下垂体」

  [★]

pituitary gland (Z), hypophysis (Z)
glandula pituitaria
脳下垂体
  • 図譜では矢状断のものしか載っていないが、前頭断で見ると意外に横に長い、みたい。

発生学(L.413)

  • 胎生第4週に下垂体前葉と下垂体後葉が接する。Rathke嚢の細胞は、活発に分裂して前葉を形成し、内腔は殆ど閉鎖する。成人ではコロイドを満たした小嚢胞として前葉と後葉の間に認められる。


画像

  • MRI T1:(高信号)下垂体後葉 > 下垂体前葉   ←  脂肪濃度を反映しているのですかね?軸索が多いでしょ?




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

巨人症」

  [★]

gigantism
下垂体性巨人症pituitary gigantism




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡