下垂体後葉細胞腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

下垂体とは脳のほぼ真ん中の底部で 視床下部 と 視交叉 (両側の視神経が交叉するところ)の下にある小指の先くらいの小さい組織です 下垂体には 前葉と後葉 というのがあります ここは いろいろなホルモンを分泌する ホルモン ...
... ,下垂体のpars distalisとpars nervosaの間に遺残して,生後も残存することがある。これが,下垂体前葉と後葉の間 (interbolbar cleft) で増大するものをRathke’s cleft cyst (Rathke’s cyst ラトケ嚢胞と略する)という。剖検では肉眼的に ...

関連画像

図は、下垂体腺腫のMRI検査です 脳下垂体 と は 脳下垂体 は 中枢性尿崩症問1 下垂体後葉から分泌される


★リンクテーブル★
関連記事下垂体」「下垂体後葉」「」「後葉」「細胞

下垂体」

  [★]

pituitary gland (Z), hypophysis (Z)
glandula pituitaria
脳下垂体
  • 図譜では矢状断のものしか載っていないが、前頭断で見ると意外に横に長い、みたい。

発生学(L.413)

  • 胎生第4週に下垂体前葉と下垂体後葉が接する。Rathke嚢の細胞は、活発に分裂して前葉を形成し、内腔は殆ど閉鎖する。成人ではコロイドを満たした小嚢胞として前葉と後葉の間に認められる。


画像

  • MRI T1:(高信号)下垂体後葉 > 下垂体前葉   ←  脂肪濃度を反映しているのですかね?軸索が多いでしょ?




下垂体後葉」

  [★]

posterior pituitary (Z), posterior lobe of hypophysis
lobus posterior hypophyseos
神経下垂体 neurohypophysis (Z)、神経性下垂体
下垂体


  • N.140

発生学的由来

  • 第三脳室が突出したもの(PT.408)
  • 間脳腹側部の神経上皮の一部より生じる

解剖

機能


-神経性下垂体
-neurohypophysis


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


後葉」

  [★]

posterior lobe
下垂体小脳



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡