下側確率

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発電量の正規化に基づいた太陽光発電システムの異常検知手法の提案と評価
  • 秋山陽平,河西勇二,岩田昌也,高橋栄一,佐藤文明,村川正宏
  • マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集 2013(6), 1-8, 2013-11-27
  • NAID 170000083175
  • 2母数対数正規分布の確率点の推定法の比較
  • 清水 邦夫
  • 応用統計学 10(1), 23-37, 1981
  • … で定義することによりなされる.<BR>最尤推定量は,下側確率が大きいところで一様最小分散不偏推定量よりも効率が高く,下側確率が0.5以下では一様最小分散不偏推定量よりも効率が低くなることが示される.また,つぎのことも示される.最尤推定量と比較した場合,順序統計量にもとづく推定量は,標本数が大きければ,下側確率が0.1から0.9までは効率が60%以上であるが,0.98のときは …
  • NAID 130001295129

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「確率

率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1


確率」

  [★]

probabilitychance
可能性機会偶然見込みチャンス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡