下丘

出典: meddic

inferior colliculus, inferior colliculi
colliculus inferior




機能

(-医学大事典-)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/26 21:58:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 覚醒ネコ第一次聴覚野における持続性細胞の音圧レベル感受性を模擬する機能モデル
  • 合田 哲也,小澤 賢司,木下 雄一朗,佐藤 悠,地本 宗平
  • 日本音響学会誌 67(9), 395-401, 2011-09-01
  • … その機能モデルは,聴覚神経経路の各段の細胞モデルを連結したものであり,末梢系の内有毛細胞,聴神経,そして,中枢系の蝸牛神経核腹側核,下丘,内側膝状体,A1の6段から構成される。 …
  • NAID 110008711469
  • 23088 繊維補強セメント複合材料梁の繰返し載荷の実験的研究(梁(4),構造IV)
  • 栗田 晃成,宮下 丘
  • 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造 2009, 197-198, 2009-07-20
  • NAID 110007979721

関連リンク

構造 下丘は中脳蓋にある四丘体とよばれる二対の隆起のうちの尾側の一対に相当する。吻側の一対は上丘と呼ばれ,ヒトでは眼球運動に関わる。下丘は細胞構築および機能的に,中心核(central nucleus, CIC)と背側皮質(dorsal ...
下丘(inferior colliculus,IC)は、中脳に位置する一対の構造である。下丘は、脳幹からの聴覚入力が全て入力する部位であるとともに、聴覚野や内側膝状体からの下行性入力も受ける聴覚系における重要な脳部位である [1]。また、聴覚系以外 ...

関連画像

舌 を 上 に 上げる と 左右 に 図 2 下 丘 赤下丘 とともに、 中脳 の背面の 上丘と下丘」中心 管 は 細い 中脳 水道 と カンノファーム の 丘 下 から


★リンクテーブル★
リンク元解剖学」「小脳」「中脳」「聴性脳幹反応」「上丘
拡張検索下丘核」「下丘中心核」「下丘交連

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連





中脳」

  [★]

midbrain
mesencephalon
, 一次脳胞

解剖

  • 中心管は、細い中脳水道となっている
  • 中脳は3つの領域に分けられる。
  • 中脳水道より背側にある領域は中脳蓋
  • 腹外側に突出した部分は大脳脚
  • 両者の間の領域が中脳被蓋である

発生

  • 一次脳胞の中脳

脳神経の神経細胞


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

中脳とは(医学大事典)

臨床関連

神経内科



聴性脳幹反応」

  [★]

auditory brain-stem response auditory brainstem response ABR
脳幹聴性誘発反応 brainstem auditory evoked response BAER、脳幹誘発反応 brainstem evoked response BSER、脳幹電気反応聴力検査 brainstem electric response audiometry BERA、聴覚脳幹誘発電位 brainstem auditory evoked potential BAEP


適応

  • 他覚的聴力検査:乳幼児、詐聴が疑われる患者
  • 疾患の検査:聴神経腫瘍、脳幹障害
  • 意識レベルの確認:脳死判定時の脳幹機能の評価
  • 術中モニター:脳幹や第7、第8脳神経付近の手術に際して、手術操作による聴力障害の発生を防ぐ

解釈

NCUR.173

参考

  • 1.
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/nou/ABR.htm


国試



上丘」

  [★]

superior colliculus (B)
colliculus superior
視蓋下丘

解剖

  • 中脳蓋の上の隆起。視覚に関与し、脳幹下部や脊髄、視床枕にも遠心性線維を送る (B.21)
  • 上丘は上丘腕を介して、視床枕および外側膝状体と連絡 (医学大事典)

機能

  • 視覚性反射の中枢
    • 移動目標補足のための頭と目の姿勢の反射的制御
  • 対光反射
    • 目に光が入ったときに瞳孔を収縮させる
  • 調節反射・輻輳反射
    • 見ている物が近づいたときにレンズを厚くしてピントを合わせる調節反射、それと同時に視線を内側に寄せる輻輳反射に関わる。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


下丘核」

  [★]

nucleus of inferior colliculus, nucleus of the inferior colliculus
nucleus colliculi inferioris
下丘


下丘中心核」

  [★]

central nucleus of inferior colliculus, ICc, ICC
下丘中心核


下丘交連」

  [★]

commissure of inferior colliculus
下丘交連




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡