上気道咳症候群

出典: meddic

upper airway cough syndrome UACS
後鼻漏症候群 postnasal drip syndrome
[[]]


症状

  • 慢性の咳(夜間、明け方に咳が強くなる)(非喫煙者の慢性咳の20-50%。25%の患者は咳のみを訴える)
  • 鼻炎、副鼻腔炎
  • 副鼻腔炎症状:膿性鼻汁、頭痛、上顎歯痛



参考

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

慢性咳嗽の4大原因は、咳喘息、上気道咳嗽症候群、好酸球性気管支炎、アトピー咳嗽 2012年 12月 19日 胃食道逆流症は慢性咳嗽の原因として教科書に記載されていますが、呼吸器臨床をしていてそれほど多くないことは多くの ...
【急性上気道感染症】 空気の通り道である気道は、鼻前庭に始まり、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、細気管支を経て肺胞まで達しています。このうち、鼻前庭から喉頭までを上気道、気管より末梢を下気道といいます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元咳嗽」「副鼻腔気管支症候群
関連記事症候群」「上気道」「気道」「」「症候

咳嗽」

  [★]

がいそう
cough
せき

分類

原因

  • 慢性咳
  • 気管支喘息、上気道咳症候群、胃食道逆流症、感染症後の持続咳、慢性心不全、心因性咳嗽、ACE阻害薬、百日咳、結核、癌(肺、甲状腺、頚部、悪性リンパ腫)

日内変動

  • 気管支喘息(朝と夜に多い)、胃食道逆流症(食後、睡眠中)、上気道咳症候群

増悪因子

  • 臥床:心不全、上気道咳症候群
  • 労作:心不全、誤嚥
  • 食事:誤嚥

小児の咳の原因

小児アレルギー診療ブラッシュアップ p.29
  • 1 非常に多い:ウイルス性気管支炎、気管支喘息、後鼻漏(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎)
  • 2 多い:タバコ、大気汚染、細菌性気管支炎(<一次性>百日咳、Mycoplasma pneumoniae、クラミジア属、Mycobacterium tuberculosisLegionella pneumophilia、<二次性>肺炎球菌、インフルエンザ菌)
  • 3 まれ:気道異物、反復性誤嚥、心因性咳嗽
  • 4 非常にまれ:化膿性肺疾患、気道局所所見(気道狭窄気管支腺腫、喉頭気管気管支軟化症)



副鼻腔気管支症候群」

  [★]

sinobronchial syndrome, SBS
副鼻腔炎合併症、上気道咳症候群



症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



上気道」

  [★]

upper respiratory tract, upper airway
気道

概念

参考

  • 1. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B0%97%E9%81%93



気道」

  [★]

respiratory tract, airway







群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡