上室性頻拍

出典: meddic

supraventricular tachycardia, SVT
上室性頻拍上室性頻拍症?、上室頻拍症?、上室頻脈
発作性上室性頻拍 paroxysmal supraventricular tachycardia PSVT発作性心房頻拍
[show details]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 状況 「心室頻拍(VT)」にも、「発作性上室性頻拍(PSVT)」にも見える (特集 見抜きたい! 心電図 : 迷う心電図の見分け方と対処) -- (ここを見抜きたい! 迷う心電図の見分け方と対処)
  • 症例報告 長時間の発作性上室性頻拍により高度の心不全を来たしたWPW症候群の1乳児例
  • 伊藤 忠彦,河村 正成,岩間 直 [他]
  • 秋田県医師会雑誌 63(2), 104-108, 2012-09
  • NAID 40019437693
  • 臨床研究・症例報告 発作性上室性頻拍により心原性ショックを来したWolff-Parkinson-White(WPW)症候群の1例
  • 氏家 哲也,福田 豊,有賀 裕道 [他]
  • 小児科臨床 65(7), 1657-1662, 2012-07
  • NAID 40019308975
  • 臨床ノート 症例から学ぶピットフォール 急性冠症候群と鑑別すべき上室性頻拍発作後のST変化

関連リンク

... と上室性頻拍(PSVT) 心房性頻拍は、房室結節より上の場所(心房側)で発生するものをいう。これに対して、房室接合部周辺で発生する頻拍は、房室接合部性頻拍として区別される。しかし、両者を区別するためには、P波の形、P ...
KOMPASは慶應義塾大学病院の医師、スタッフが作成したオリジナルの医療・健康情報です。患者さんとそのご家族の皆さんへ、病気、検査、栄養、くすりなど、広く医療と健康に関わる情報を提供しております。
発作性上室性頻拍。発作性上室性頻拍とはどんな病気か 突然脈拍が速くなり、しばらく続いたあとに突然止まる頻拍で、心房(しんぼう)あるいは房室(ぼうしつ)接合部と呼ばれる心室以外の組織が頻拍に関わっているものを ...

関連画像

発作性上室性頻拍左:正常 右:上室性頻拍(リ  発作性上室性頻拍症(非発作時房室回帰性頻拍(WPW症候群)psvt100107.JPG 心電図2)発作性上室性頻拍症図2. 上室性頻拍の心室内興奮  心電図1)発作性上室性頻拍症


★リンクテーブル★
先読み発作性心房頻拍」「PSVT」「SVT」「上室頻脈」「paroxysmal supraventricular tachycardia
国試過去問101G020」「105I049」「096A017
リンク元カテーテルアブレーション」「異所性心房調律」「supraventricular tachycardia
拡張検索発作性上室性頻拍」「非発作性上室性頻拍」「上室性頻拍性不整脈
関連記事頻拍」「上室」「上室性

発作性心房頻拍」

  [★]

paroxysmal atrial tachycardia, PAT
発作性心房性頻拍
上室性頻拍症



PSVT」

  [★] 発作性上室性頻拍 paroxysmal supraventricular tachycardia


SVT」

  [★] 上室性頻拍症 supraventricular tachycardia


上室頻脈」

  [★]

発作性上室頻拍上室性頻脈


paroxysmal supraventricular tachycardia」

  [★] 発作性上室性頻拍 PSVT


101G020」

  [★]

  • 38歳の男性。頻回に生じる動悸発作を主訴に来院した。以前から年に数回、1~2時間持続する動悸を自覚していたが自然に消失するために放置していた。意識を消失したことはない。血圧126/72mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。非発作時の心電図を以下に示す。
  • 動悸発作の原因と考えられる不整脈はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101G019]←[国試_101]→[101G021

105I049」

  [★]

  • 21歳の男性。動悸発作を主訴に来院した。以前から年に数回、1~2時間持続する動悸を自覚していた。失神発作はない。血圧126/74mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。非発作時の心電図(別冊No.11)を別に示す。
  • 動悸発作の原因として最も考えられる不整脈はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I048]←[国試_105]→[105I050

096A017」

  [★]

  • 38歳の男性。頻回に生じる動悸発作のため来院した,以前から年に数回、1~2時間持続する動悸を自覚していたが自然に消失するために放置していた。意識を消失したことはない。血圧126/74mmHg。胸部の身体所見に異常はない。非発作時の心電図を以下に示す。
  • 動悸発作の原因と考えられる不整脈はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A016]←[国試_096]→[096A018

カテーテルアブレーション」

  [★]

catheter ablation
カテーテル・アブレーションablation心筋焼灼術カテーテル焼灼術
[[]]


  • 不整脈の治療に利用される
  • 不整脈の原因となる心配の部位にアブレーション様カテーテルを挿入し、高周波で加熱することにより凝固壊死させる治療法

適応疾患

焼灼部位

  • 副伝導路、頻拍起源部、房室接合部


異所性心房調律」

  [★]

ectopic atrial rhythm
心房調律、上室性頻拍


supraventricular tachycardia」

  [★] 上室性頻拍 SVT


発作性上室性頻拍」

  [★]

paroxysmal supraventricular tachycardia, PSVT
房室回帰頻拍 atrioventricular reciprocating tachycardia
上室性頻拍症
[show details]


概念

  • 房室結節リエントリー、房室回帰、心房内リエントリー、異所性自動能亢進が機序となる.
  • 発作性上室頻拍の約90%は房室結節リエントリー性頻拍 AVNRT あるいはWPW症候群に伴う房室回帰性頻拍 AVRT

症状

  • 心拍数:150-200/分
  • 動悸、胸部不快感など
  • 血圧低下

検査

  • 心電図
[show details]

治療のターゲット

  • 房室結節を経由するリエントリ → Caチャネル

治療

緊急

  • DCショック、ペーシング

非緊急

  • Valsalva手技以外の手技の有効性はそれほど高いものではない(Valsalva手技54%,右頚動脈洞マッサージ15%,顔面浸水15%など)
  • 2. 抗不整脈薬
  • 静注
  • 頓用

参考

  • 1. 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display][display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf

国試


非発作性上室性頻拍」

  [★]

non-paroxysmal supraventricular tachycardia
[show details]


上室性頻拍性不整脈」

  [★]

supraventricular tachyarrhythmia
上室性頻脈性不整脈


頻拍」

  [★]

tachycardia
頻脈頻脈性不整脈頻拍症頻脈症



上室」

  [★]

superior ventricle
上室性

上室性」

  [★]

supraventricular
上室




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡