三色説

出典: meddic

trichromatic theory
ヤング・ヘルムホルツの説ヤング-ヘルムホルツ説 Young-Helmholtz theory



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウィリアム・デ・アブニー著, 『色覚研究と三色説』, ロンドン(ロングマン・グリーン社), 1913年, (縦23cm×横15cm, 418頁 カラー図版4枚)(巻頭グラビア カラーアーカイヴス)

関連リンク

ヤング=ヘルムホルツの三色説(ヤング=ヘルムホルツのさんしょくせつ、Young- Helmholtz theory)は、トマス・ヤングの説を、ドイツの生理学者ヘルマン・フォン・ ヘルムホルツが発展させた色覚学説の一つをいう。 色覚に赤、緑、青(あるいは紫)の3 要素が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡