三環系抗うつ薬

出典: meddic

tricyclic antidepressant, tricyclic anti-depressant agent
抗うつ薬四環系抗うつ薬
イミプラミン

概念

  • 環状の構造を三つ持つ抗うつ薬
  • 治療効果発現には2-3週間必要

種類

作用機序

副作用

  • 抗コリン作用
視力障害、口渇、便秘、尿閉
頻脈
  • α1ブロック作用
起立性低血圧
血中ノルアドレナリンの上昇
  • 抗ヒスタミン作用
鎮静、眠気



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/20 14:08:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PP-174 逆行性射精症例に対する三環系抗うつ薬「アモキサピン」の効果(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 大橋 正和,森田 伸也,花輪 靖雅
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 432, 2011-03-20
  • NAID 110008612547
  • 症例報告 経皮的心肺補助により救命した三環系抗うつ薬中毒の2症例
  • 小林 かおり,宮島 衛,田中 敏春 [他]
  • 中毒研究 24(1), 46-50, 2011
  • NAID 40018756125
  • 検査値異常と薬剤(13)投与薬剤の検査値への影響 中枢神経系作用薬(7)
  • 片山 善章,澁谷 雪子,米田 孝司
  • 臨床検査 55(3), 302-310, 2011-03
  • NAID 40018721067

関連リンク

三環系抗うつ薬(さんかんけいこううつやく - Tricyclic Antidepressants)は抗うつ薬の 種類の一つ。略称はTCA。 その化学構造的特徴として、構造中にベンゼン環を両端に 含む環状構造が3つあることを共通に特徴とする事に由来。第1世代、第2世代抗うつ薬 ...
四環系抗うつ薬(よんかんけいこううつやく、英 tetracyclic antidepressant)は、抗うつ 薬の種類の一つ。 四環系とは、薬剤の分子構造中に連なった環状構造が4つあることに 由来している(三環系抗うつ薬と比較のこと)。 三環系やSSRI、SNRIと比較すると即効 ...
主として、うつ状態の軽減を目的とする薬です。 大きく分類すると、三環系抗うつ薬、四 環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、MAO阻害薬、その他となります。 それぞれの群に属する 薬物は、共通した作用・副作用特性を持っています。 三環系抗うつ薬は、副作用も強い ...

関連画像

抗う つ 薬 三 環 系 抗う つ 薬ノリトレン:三環系抗うつ薬三環系・四環系抗うつ薬 三環 系 抗う つ 薬 は 三 環 系 抗う 三環系抗うつ薬 抗うつ薬 と 三環系抗うつ薬三環系抗うつ薬の作用機序三環系抗うつ薬(TCA)の作用


★リンクテーブル★
先読み抗うつ薬
国試過去問106I046」「108I069」「094F037」「107H006
リンク元抗利尿ホルモン不適合分泌症候群」「イミプラミン」「睡眠時無呼吸症候群」「活性炭」「パニック障害
関連記事」「うつ」「

抗うつ薬」

  [★]

antidepressant, antidepressants
薬理学、そううつ病、精神疾患

作用機序

三環系抗うつ薬 tricyclic antidepressant

  • 2つの説がある。
  • 1. (急性作用)シナプス前膜におけるノルアドレナリン、セロトニンの再取り込み↓→シナプス間隙における薬剤濃度↑
  • 2. (慢性作用)(2週間後)シナプス後膜における受容体の数↓
  • 慢性作用はシナプス間隙のノルアドレナリン、セロトニン濃度が上昇した結果、シナプス後膜の受容体が減少したために出現すると考えられる。

抗うつ薬

  • 三環系
  • 四環系
ミルナシプラン milnacipran
  • 非定型抗うつ薬 atypical agent




106I046」

  [★]

  • 45歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。 20歳から毎日飲酒するようになり、日本酒を1日4合飲んでいた。その後、飲酒量は増えたものの仕事に支障をきたすことはなかった。 35歳時に職場の定期健康診断肝機能障害を指摘され、産業医から内科受診と禁酒とを繰り返し勧められたが、受診せず飲酒を続けていた。 2か月前に仕事上のトラブルがあり、飲酒量が急激に増加した。 5日前からは、朝から飲酒し仕事に行かなくなった。 3日前から全身倦怠感が強くなり、増悪してきたため受診した。外来で肝機能障害が認められ、入院することになった。入院後3日、「ここは火葬場で、周りの人間が自分を燃やそうとしている」と言い、興奮し始めた。発汗が著明である。租大な手指振戦を認める。時々、穏やかに対応することもあるが、自分の居る場所が病院であることを理解できず困惑している様子である。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I045]←[国試_106]→[106I047

108I069」

  [★]

  • 11歳の男児。 2週後の修学旅行を前に夜尿が治らないため母親と来院した。既往歴に特記すべきことはない。両親と姉と妹の 5人暮らし。尿所見:蛋白 (-)、糖(-)、沈渣に赤血球 0~ 1 / 1視野、白血球 1~ 4 / 1視野。腹部超音波検査で両側の腎と膀胱とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 経過観察
  • b オムツの使用
  • c 終日の水分制限
  • d 修学旅行への不参加
  • e 三環系抗うつ薬の内服
[正答]


※国試ナビ4※ 108I068]←[国試_108]→[108I070

094F037」

  [★]

  • 35歳の女性。昼間の眠気を訴えて来院した。4年前に次女を出産してから夜間の不眠と昼間の眠気とを自覚するようになった。1年前から症状が増悪し、会話中でも眠ってしまうことがたびたび出現するようになった。また、驚いたときなどに突然倒れ込んでしまうこともあった。夜は悪夢が多く、「寝入りばなに黒い猫が出てきたりして、怖くて眠れない」と訴える。
  • この患者で適切な治療法はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

107H006」

  [★]

  • 便秘の原因となりにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107H005]←[国試_107]→[107H007

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群」

  [★]

syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone, (国試)SIADH
syndrome of inappropriate secretion of antidiuresis, SIAD
抗利尿ホルモン不適合分泌ADH不適合分泌症候群 inappropriate antidiuretic hormone secretion inappropriate secretion of antidiuretic hormone syndrome inappropriate ADH syndrome IADHS、シュワルツ・バーター症候群 Schwartz-Bartter syndrome抗利尿ホルモン分泌異常症不適切ADH分泌症候群
syndrome of inappropriate ADHsyndrome of inappropriate ADH secretionsyndrome of inappropriate antidiuretic hormonesyndrome of inappropriate antidiuretic hormone secretionsyndrome of inappropriate diuresissyndrome of inappropriate secretion of ADHsyndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone
バソプレシン AVP


病因

  • 抗利尿ホルモンの不適切な分泌。
  • 1. 抗利尿ホルモンが分泌される血漿浸透圧の閾値が異常となっている ← セットポイントの異常
  • 2. 何らかの原因によって、恒常的に抗利尿ホルモンが分泌されている

HIM.2222改変

  • 悪性腫瘍
  • 癌腫:肺、十二指腸、膵臓、卵巣、膀胱・尿路系
  • その他:胸腺腫、中皮腫、気管支腺腫、カルチノイド、gangliocytoma、ユーイング肉腫
  • 頭部外傷
  • 感染症
  • 血管障害
  • 神経疾患
  • 先天奇形
  • 代謝異常
  • 薬剤性

病態生理

なぜ、waterのreabsorptionが増えるにもかかわらず、血圧が上昇しないの?
HIM.2222
  • 何らかの原因による不適切な抗利尿ホルモンの分泌 → 水の過剰な保持 →
1. → 細胞外液の増加 → (1)糸球体濾過量の増加と心房性利尿ペプチドの分泌、(2)レニン活性の抑制(supresses plasma renin activity)、(3)尿ナトリウム排泄の増加
細胞外液の増加を相殺しているが、その代償としてナトリウムを喪失し、低ナトリウム血症の増悪に繋がっている。 ← このために血圧は正常で、浮腫も起きないし、体液量も増えないと。
2. → 低ナトリウム血症 → 脳を含めた全身の細胞内液の増加 → 頭蓋内圧が亢進 → 急性水中毒症状
2-3日で脳の組織から水が排除されて症状が寛解する。
上記メカニズムに追加。
3. 1.の通り、循環血漿量の増加を招き、RAA系抑制などが起こる → 近位尿細管でのNa、水吸収低下(近位尿細管でのNa再吸収にはアンジオテンシンIIが関与) → 尿酸の再吸収低下、尿排泄増加(近位尿細管での挙動はNa、水と同じ、らしい) → 低尿酸血症

症状

低ナトリウム血症に基づくもの
尿量は変化がない  ←  水の再吸収が亢進しているため??

検査

診断基準

  • 1.低ナトリウム血症:血清ナトリウム濃度は135mEq/Lを下回る。
  • 2.血漿バゾプレシン値:血清ナトリウムが135mEq/L未満で、血漿バゾプレシソ値が測定感度以上である。
  • 3.低浸透圧血症:血漿浸透圧は280mOsm/kgを下回る。 ← 基準値:275-295 mOsmol/kg serum water(HIM.A)
  • 4.高張尿:尿浸透圧は300mOsm/kgを上回る。 ← 基準値:50-1200 mOsm/l (QB) , 500-800 mOsmol/kg water(HIM.A)
  • 5.ナトリウム利尿の持続:尿中ナトリウム濃度は20mEq/L以上である。
  • 6.腎機能正常:血清クレアチニンは1.2mg/dl以下である。
  • 7.副腎皮質機能正常:早朝空腹時の血清コルチゾールは6μg/dl以上である。

鑑別診断

  • 低ナトリウム血症を呈する疾患・病態を除外する

治療

参考1
  • 1.根治療   : 原疾患の治療を行う。
  • 2.水分摂取制限: 1日の総水分摂取量を体重1 kg当り15~20 mlに制限する。
  • 3.Na摂取   :食塩を経口的または非経口的に1日200 mEq以上投与する。
  • 4. 自由水排泄 :重症低ナトリウム血症(120 mEq/L以下)で中枢神経系症状を伴うなど速やかな治療を必要とする場合はフロセミドを随時10~20 mg静脈内に投与し、尿中ナトリウム排泄量に相当する3%食塩水を投与する。その際、橋中心髄鞘崩壊を防止するために1日の血清ナトリウム濃度上昇は10 mEq/L以下とする。
  • 5.ADH拮抗阻害薬:異所性バゾプレシン産生腫瘍に原因し、既存の治療で効果不十分な場合に限り、成人にはモザバプタン塩酸塩錠(30 mg)を1日1回1錠食後に経口投与する。投与開始3日間で有効性が認められた場合に限り、引き続き7日間まで継続投与することができる。
  • 6.ADH拮抗阻害薬:デメクロサイクリンを1日600~1,200 mg経口投与する。
注意:急速な低Na血症の補正は橋中心髄鞘崩壊 CPMをきたす。
ADH拮抗薬としては抗菌薬のデメクロサイクリン(レダマイシン)や抗てんかん薬ジフェニルヒダントイン(フェニトイン)が使われることがあった

参考

  • 診療と治療の手引き
http://square.umin.ac.jp/endocrine/tebiki/001/001008.pdf

国試



不適切ADH分泌症候群


イミプラミン」

  [★]

imipramine
塩酸イミプラミン imipramine hydrochloride
イミドールトフラニール Tofranil

分類

  • 三環系抗うつ薬

作用機序

重大な副作用

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
  • 1. 悪性症候群(Syndrome malin)(頻度不明)
  • 無動緘黙,強度の筋強剛,嚥下困難,頻脈,血圧の変動,発汗等が発現し,それに引き続き発熱がみられる場合は,投与を中止し,体冷却,水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う.

本症発症時には,白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く,またミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある.なお,高熱が持続し,意識障害,呼吸困難,循環虚脱,脱水症状,急性腎不全へと移行し,死亡した例が報告されている.

  • 2. セロトニン症候群(頻度不明)
  • 不安,焦燥,せん妄,興奮,発熱,発汗,頻脈,振戦,ミオクロヌス,反射亢進,下痢等を主症状とするセロトニン症候群があらわれることがあるので,これらの症状が出現した場合には投与を中止し,水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと.
  • 3. てんかん発作(頻度不明)
  • てんかん発作があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 4. 無顆粒球症(頻度不明)
  • 無顆粒球症(前駆症状として,発熱,咽頭痛,インフルエンザ様症状等)があらわれることがあるので,定期的に血液検査を実施するなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 5. 麻痺性イレウス(頻度不明)
  • 腸管麻痺(食欲不振,悪心・嘔吐,著しい便秘,腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し,麻痺性イレウスに移行することがあるので,腸管麻痺があらわれた場合には投与を中止すること.なお,この悪心・嘔吐は,本剤の制吐作用により不顕性化することもあるので注意すること.
  • 6. 間質性肺炎,好酸球性肺炎(頻度不明)
  • 発熱,咳嗽,呼吸困難,肺音の異常(捻髪音)等が認められた場合には投与を中止し,速やかに胸部X線等の検査を実施し,副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと.
  • 7. 心不全(頻度不明)
  • 心不全があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 8. QT延長,心室頻拍(Torsades de pointesを含む)(頻度不明)
  • 定期的に心電図検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 9. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明)
  • 症状として低ナトリウム血症,低浸透圧血症,尿中ナトリウム排泄量の増加,高張尿,痙攣,意識障害等があらわれることがあるので,このような場合には投与を中止し,水分摂取の制限等適切な処置を行うこと1).
  • 10. 肝機能障害,黄疸(頻度不明)
  • AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

禁忌

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
  • 1. 緑内障の患者〔抗コリン作用により眼圧を上昇させるおそれがある.〕
  • 2. 本剤の成分又は三環系抗うつ剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 3. 心筋梗塞の回復初期の患者〔症状を悪化させるおそれがある.〕
  • 4. 尿閉(前立腺疾患等)のある患者〔抗コリン作用により症状が悪化することがある.〕
  • 5. モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン)を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者〔発汗,不穏,全身痙攣,異常高熱,昏睡等があらわれるおそれがある.〕(「相互作用」の項参照)
  • 6. QT延長症候群のある患者〔心室性不整脈を起こすおそれがある.〕

効能又は効果

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
  • 精神科領域におけるうつ病・うつ状態
  • 遺尿症(昼,夜)

薬効薬理

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
動物での作用
  • (1) ラットを用いたin vivo の実験で,脳内ノルアドレナリン及びセロトニンの再取り込みを抑制する4).
  • (2) ラットを用いた実験で,レセルピンによる眼瞼下垂及び下痢に対して拮抗作用が認められている5).またラットのテトラベナジンによるカタレプシーに対しても拮抗作用が認められている5).
  • (3) マウスを用いた実験で,メタンフェタミン投与による運動亢進作用を有意に増強する6).
  • (4) ラットの脳を用いたin vitro の実験で,脳内のイミプラミン特異的結合部位に対して親和性を示す6).

添付文書

  • イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1174006F1027_4_10/1174006F1027_4_10?view=body




睡眠時無呼吸症候群」

  [★]

sleep apnea syndrome, SAS
睡眠時無呼吸 sleep apnea
いびき=睡眠覚醒障害睡眠障害

3つのS

  • snores, stops breathing, sleepy
いびき、無呼吸、ねむたい

無呼吸の定義

  • 気流停止時間:10秒以上

定義

  • 一晩7時間の睡眠中に「無呼吸」が30回以上認められ、この無呼吸が、ノンレム睡眠時にも出現。
  • 昼間時の眠気などの臨床症状があり、睡眠1時間当たりの「無呼吸」が5回以上である場合。(つまり1時間あたりのAHIが5以上)

疫学

  • 男性(男女比は5:1)。中高年。肥満者。いびきをかく。
  • 閉塞型が最も多い。

病型

閉塞型睡眠時無呼吸症候群 obstructive SAS, OSAS

  • 上気道の受動的な虚脱
  • 睡眠に伴い、軟口蓋から下咽頭周辺の狭窄・閉塞(上気道の狭小化を伴う病態)が原因となり、無呼吸・低呼吸を繰り返すもの。
  • 原因:鼻中隔弯曲、咽頭癌、扁桃腺肥大、アデノイド過形成、顎顔面形態の異常(小顎症など)
  • 無呼吸・低呼吸の都度、覚醒反応から呼吸再開が起こるため、日中の眠気を訴えることが多い。ないこともある。
  • OSASに伴う頻回の覚醒はまた交感神経活動の亢進を伴うため、一過性血圧上昇ばかりではなく、糖・脂質代謝に対する影響を介し、動脈硬化の促進などにかかわることが示唆されている。
  • →高血圧、糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの有病率↑

中枢型睡眠時無呼吸症候群 central SAS, CSAS

  • 呼吸中枢の障害による胸郭や腹部の換気運動停止
  • 原因入眠困難、慢性心不全・脳血管障害の一部に伴うチェーン・ストークス呼吸など

混合型睡眠時無呼吸症候群

問診

問診票

検査

  • 動脈血酸素飽和度の3-4%低下

治療



活性炭」

  [★]

activated charcoalactive carbon
木炭

概念

  • 炭化水素化合物を焼成して調製した炭素末
  • 炭化水素の網目構造に物質を吸着できる  ←  炭化水素という物性からしてイオン性、大分子(蛋白と結合した

物質)、水溶性の物質は吸着しづらい、と思われる。

活性炭の吸着に関与する要素

  • くり返し投与が有効なのは脂溶性、非イオン性、分布容量 Vdが小さい、蛋白結合率が低い
  • 腸管循環する物質、腸溶剤、徐放剤

吸着できる物質

SQ.480

吸着できない物質

参考1
  • 重金属
  • イオン化分子
  • 腐食性物質
  • 酸、アルカリ
  • 炭化水素
  • アルカン、アルケン、ハロゲン化アルキル、芳香族炭化水素、アルコール、アセトン、エタノール、エチレングリコール、イソプロパノール、メタノール、

参考

  • 1. [charged] Decontamination of poisoned adults - uptodate [1]
  • 2. 活性炭 - wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E7%82%AD



パニック障害」

  [★]

panic disorder
恐慌性障害
他の不安障害神経症性障害不安障害広場恐怖

概念

疫学

  • 生涯有病率
  • パニック障害:3.8%
  • パニック発作:5.6%
  • 性差:女性の方が2-3倍多い
  • 発症年齢:一般的には若年青年期(平均年齢は25歳前後)

分類

DSM-IV-TR

  • 広場恐怖を伴うパニック障害
  • 広場恐怖を伴わないパニック障害
  • パニック障害の既往歴のない広場恐怖


症状

  • 10分ほどで急速に症状が増悪し、通常20-30分持続する
  • 切迫した死と破滅の感覚と極度の恐怖
  • 頻脈、動悸、呼吸困難、および発汗などを伴う
  • 発作間期の「また発作が起こるのではないか」という不安

鑑別診断

治療

  • 薬物療法:


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


うつ」

  [★]

depression
うつ病、低下、抑圧抑欝抑制うつ状態鬱病抑うつ抑うつ状態

抗」

  [★]

anti
アンチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡