三叉神経痛

出典: meddic

trigeminal neuralgia
neuralgia trigeminus
フォザーギル神経痛 フォサギル神経痛 Fothergill's neuralgia Fothergill neuralgia、顔面神経痛 facial neuralgiatic douloureux
三叉神経


概念

  • 「顔面神経痛」とか言わない
  • 三叉神経の各分岐または分枝領域に突発的に激痛、または電撃痛が起こり、数秒後に消失する
  • v2,3(39%), V2(18%), V3(15%), V1-3(15%)
  • trigger zoneの刺激により起こる

病因

  • 三叉神経根進入部での血管による圧迫
  • 帯状ヘルペス後神経痛
  • 動脈瘤による圧迫
  • 腫瘍による圧迫
  • 多発性硬化症


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

治療

SCN.314
  • 薬物療法
  • 外科療法
  • 神経血管減圧術:三叉神経根進入部での圧迫血管を外科的に離す。痛みの消失率は70-80%。
  • ガンマナイフ治療
  • 三叉神経節ブロック



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/17 20:27:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • こんなとき,何を出す? 処方選択トレーニング(7)しもやけ・三叉神経痛
  • 口腔顎顔面痛症例報告 : Burning mouth syndrome と三叉神経痛
  • 岡安 一郎,大井 久美子
  • 日本顎口腔機能学会雑誌 = The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 18(2), 204-205, 2012-02-28
  • NAID 10030126017
  • 症例報告 副オトガイ孔を走行する神経様組織の捻除により口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例 : 神経学的検査の有用性について
  • 高野 栄之,桃田 幸弘,可児 耕一 [他]
  • 日本口腔検査学会雑誌 4(1), 45-48, 2012
  • NAID 40019298849

関連リンク

三叉神経痛とは顔に痛みのでる病気です。顔の感覚(いたい、さわった、つめたい、 あついなど)を脳に伝える神経が三叉神経ですが、この三叉神経に痛みが起こり、顔を 痛く感じるのが三叉神経痛です。いろいろな理由でおこりますが、特発性三叉神経痛 という、 ...
三叉神経痛(さんさしんけいつう、Trigeminal neuralgia)、疼痛性チック(とうつうせい チック、tic douloureux)は、顔面の知覚神経である三叉神経から発信される強い痛み のエピソードを特徴とする、神経痛である。 顔面痛(がんめんつう、prosopalgia)、自殺 病( ...

関連画像

続発性三叉神経痛とは、けがや 三叉神経痛とは ナイフによる三叉神経痛治療三叉神経痛(突発性、典型的)三叉神経痛の鍼灸治療|福岡市 三叉神経痛三叉神経痛による顔面部の痛み顔面痙攣と三叉神経痛の治療


★リンクテーブル★
先読みfacial neuralgia
国試過去問108H034」「099G055」「100A048」「096D045」「075B050」「081C048」「077B052
リンク元舌咽神経痛」「オーベルシュタイナー・レートリッヒ帯」「三叉神経節ブロック」「顔面痛」「半月神経節後根切断術
関連記事三叉神経」「神経」「神経痛」「

facial neuralgia」

  [★]

sphenopalatine neuralgia


108H034」

  [★]

  • 次の文を読み、 33、 34の問いに答えよ。
  • 42歳の女性。頭痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3年前から月 1、2回の頭痛を自覚していた。頭痛は両側の後頭部を中心とした持続性の鈍痛で、肩こりを伴っている。夕方になると頭痛が悪化するが、生活に支障をきたすほどの痛みではない。家事などで体を動かしている時のほうが多少痛みは和らぐ感じがする。悪心はない。頭痛に大きな変化はないが、昨日知人が脳梗塞で入院したという話を聞き、心配になって受診した。
  • 既往歴:スギ花粉症。
  • 生活歴:事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が 56歳時にくも膜下出血で死亡。母親が高血圧症で治療中。
  • 現症:意識は清明。身長 158 cm、体重 52 kg。体温 36.3℃。脈拍 76/分、整。血圧 118/72 mmHg。神経学的所見に異常を認めない。
  • 現時点で最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H033]←[国試_108]→[108H035

099G055」

  [★]

  • 55歳の男性。開口障害を訴えて来院した。2週前に庭で古釘を足に刺したが放置していた。1週前から微熱、開口障害および肩・頭部のこわばり感が出現し悪化してきた。咽頭に異常はなく、顎関節部に疼痛と腫脹とを認めない。体温37.5℃。白血球7,400。血清アミラーゼ120単位(基準37~160)。CRP2.8mg/dl。考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G054]←[国試_099]→[099G056

100A048」

  [★]

  • 25歳の女性。頭痛を主訴に来院した。15歳ころから月に1回程度の頻度で、片側の拍動性頭痛がみられ、半日で軽快していた。頭痛直前に視覚障害があり、頭痛時に嘔吐を伴い光がまぶしく感じるという。来院時、頭痛はなく、意識は清明である。身体所見と神経学的所見とに異常はない。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100A047]←[国試_100]→[100A049

096D045」

  [★]

  • 25歳の女性。頭痛を主訴に来院した。15歳ころから月に1回程度の頻度で、片側の拍動性頭痛がみられ、半日くらいで軽快していた。頭痛直前に視覚障害と、頭痛時に嘔吐と流涙とを伴うという。来院時、頭痛はなく、意識は清明である。一般身体所見と神経学的所見とに異常はない。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D044]←[国試_096]→[096D046

075B050」

  [★]

  • 特発性三叉神経痛について正しいのは
  • (1) 好発年齢は20歳未満である
  • (2) 第I枝の領域に多い
  • (3) 外科的治療法の一つとして神経減圧術が行われる
  • (4) カルバマゼピンが有効である
  • (5) 間欠期にも、疼痛発作部位に触覚の異常がある。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

081C048」

  [★]

  • 適切ではない組み合わせ

077B052」

  [★]

  • 三叉神経痛の原因として適切でないのは

舌咽神経痛」

  [★]

glossopharyngeal neuralgia
舌咽チック glossopharyngeal tic、舌咽迷走神経痛
舌咽神経疾患舌咽神経
  • 一側舌咽神経支配領域に発作性疼痛を来す疾患
  • 女性に比べて男性に多く、30-40歳代に好発する。
  • 三叉神経痛の1/10~数十分の一ないし1/100の頻度とされる。
  • 咳嗽、くしゃみ、嚥下、発声なとにより誘発される
  • 激しい一過性の鋭い痛みが耳、舌後方、扁桃窩、顎の下方に起こる。
  • 一側の耳が赤くなることがある。
  • 鑑別疾患:三叉神経痛(第3枝)、扁桃炎、舌咽咽頭炎、歯疾患
  • 治療:本態性の場合にはカルバマゼピン・フェニトインなどの抗痙攣薬内服、無効の場合は舌咽神経ブロック、神経血管減圧術。




オーベルシュタイナー・レートリッヒ帯」

  [★]

Obersteiner-Redlich zone
Obersteiner-Redlich帯
[show details]


三叉神経節ブロック」

  [★]

trigeminal ganglion block
ガッセル神経節ブロック半月神経節ブロック
三叉神経節卵円孔三叉神経下顎神経
[show details]

適応

  • 三叉神経痛など


顔面痛」

  [★]

facial painfaciocephalalgiaprosopalgia
三叉神経痛口腔顔面痛頭蓋顔面痛


facialpain


半月神経節後根切断術」

  [★]

retro-semilunar ganglion rhizotomy
ガッセル神経節後根切断術 gasserian ganglion rhizotomy
三叉神経痛


三叉神経」

  [★]

trigeminal nerve
nervus trigeminus
CN V, fifth cranial nerve
脳神経鰓弓
  • 図:N.116(分布)

概念

核 (B.33)

  1. 三叉神経中脳路核
  2. 三叉神経主知覚核
  3. 三叉神経脊髄路核

支配

走行

CN# 一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
V1 眼神経           三叉神経節           上眼窩裂 角膜、前頭部、頭皮、眼瞼、鼻の皮膚、鼻腔と副鼻腔の粘膜からの感覚
V2 上顎神経           三叉神経節           正円孔 上唇を含む上顎部の顔の皮膚、上顎の歯、鼻粘膜、上顎洞、口蓋の感覚
V3 下顎神経           三叉神経節           卵円孔 下唇を含む下顎と顔の外側部の皮膚、下顎の歯、顎関節、口の粘膜、舌の2/3の感覚
                    支配筋:咀嚼筋顎舌骨筋顎二腹筋の前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋

臨床関連






神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経痛」

  [★]

algia
neuralgia, nerve pain



痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡