一酸化炭素肺拡散能力

出典: meddic

carbon monoxide pulmonary diffusing capacity carbon monoxide diffusing capacity of lung DLCO
CO拡散能力
一酸化炭素トランスファーファクター拡散能

概念

  • 肺胞気から肺毛細血管に至るガス移動効率の指標
  • 肺毛細血管内を通過する血液の気層との接触時間は0.75sあれば酸素化に影響はない。この接触時間が短くなる、すなわち血流速度が増加した状態では酸素化が不十分となり拡散能の低下として認められる。血流速度は運動時や、あるいは毛細血管が破壊されたり閉塞したりして血管床が減少した病態で上昇する。(SPU.24)
  • 20-30ml/min/Torr(YN.I-27)

方法

  • 4種混合ガスを用い、最大呼出後急速に最大吸気位まで吸気し、10秒息止めをした後、急速に最大呼出をしCOガスの吸収量を測定して肺拡散能を検査する。

DLCOを低下せしめるファクター

肺間質、気道、肺血管の異常
  • (1) 肺胞から肺毛細血管赤血球内ヘモグロビンに至るまでの拡散距離の増加
  • (2) 肺胞・肺毛細血管の有効拡散面積の減少
  • (3) 換気、血流、拡散能力の肺内不均等分布


YN.I-27

読み方

DLCO上昇

  • 軽度肺うっ血 → 肺血流量の増加により軽度上昇(SPU.354)

DLCO低下

  • 肺水腫

呼吸器内科 必修マニュアル

p.86

DLCOの基準

  • 高値   :予測値の141%以上
  • 正常   :予測値の76-140%
  • 軽度低下 :予測値の61-75%
  • 中等度低下:予測値の41-60%
  • 高度低下 :予測値の40%以下

解釈

スパイロメトリー DLCO  
閉塞性障害あり 低下 肺気腫
正常~上昇 気管支喘息
拘束性障害あり 低下 肺線維症、(肺切除後)
正常 胸郭・胸膜異常、神経筋疾患
正常 低下 早期の間質性肺疾患、肺血管障害貧血一酸化炭素中毒
上昇 高度肥満、多血症、(気管支喘息)、左右心内シャント、軽度の左心不全、肺胞出血

参考

  • [display]http://xakimich.hp.infoseek.co.jp/laboratory/node30.html



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 麻酔成犬における肺内換気・血流比および一酸化炭素肺拡散能力の不均等分布に関する研究
  • 一酸化炭素肺拡散能力に及ぼす生理学的因子の影響に関する研究
  • 慢性気管支炎と慢性肺気腫における形態学的重症度と肺機能諸量の関係大気汚染に対する集団検診の指標選択に関連して
  • 佐竹 辰夫,原 通広,石川 裕,龍華 一男,石川 能正,笠間 清士,飯田 威夫
  • 日本内科学会雑誌 61(1), 32-41, 1972
  • … 2)が,今回はスパイロメトリーと一酸化炭素肺拡散能力の意義について究明した.その結果,従来の肺機能検査諸量によつては慢性気管支炎の存在を指摘でき難いこと,このような僅かな閉塞性換気障害を簡単に検出するには流速流量比を用いた方がよいことが確認された.一方,慢性肺気腫の存在はスパイログラムの1秒率によつて簡単に指摘でき,しかも一酸化炭素肺拡散能力の測定をしなくても凡その形 …
  • NAID 130000889394
  • Single Breath法による一酸化炭素肺拡散能力の測定値(DLCO)に関する検討,特に肺の換気・血流の不均等分布が与える影響について
  • 佐竹 辰夫,飯田 幸雄,臼井 明生,飯田 威夫,竜華 一男,山崎 二郎,松岡 輝樹
  • 日本循環器学誌 32(1), 35-40, 1968-02-20
  • Pulmonary physiologically, diffusing capacity (DL) is described as the product of diffusing coefficient (K) and alveolar diffusing area (A), not as physical diffusing coefficient, because of treating …
  • NAID 110002627340

関連リンク

一酸化炭素拡散能(DLco)とは,肺胞上皮および毛細血管内皮を横断して肺胞から 赤血球へガスを運搬する能力を測定するものである。DLcoは血液-ガス関門の領域 および厚さだけではなく,肺毛細血管内の血液量によっても左右される。肺胞換気量の 分布も ...
肺機能検査には、肺の容量、呼吸量、フローボリューム、呼吸に使う筋力、拡散能力 などの測定が含まれます。 ... 酸素の拡散能力を直接測定するのは難しいため、患者は ごく少量の一酸化炭素を吸い、10秒間息を止めてから一酸化炭素検知器の中に息を ...


★リンクテーブル★
先読み一酸化炭素トランスファーファクター
リンク元CO拡散能力」「DLCO」「carbon monoxide pulmonary diffusing capacity」「diffusing capacity for carbon monoxide」「carbon monoxide diffusing capacity of lung
関連記事拡散能」「」「炭素」「一酸化炭素」「肺拡散能

一酸化炭素トランスファーファクター」

  [★]

carbon monoxide transfer factor
一酸化炭素トランスファー係数 carbon monoxide transfer coefficient


CO拡散能力」

  [★] 一酸化炭素肺拡散能力


DLCO」

  [★] 一酸化炭素肺拡散能力


carbon monoxide pulmonary diffusing capacity」

  [★] 一酸化炭素肺拡散能力


diffusing capacity for carbon monoxide」

  [★] 一酸化炭素肺拡散能力


carbon monoxide diffusing capacity of lung」

  [★] 一酸化炭素肺拡散能力

拡散能」

  [★]

diffusing capacity, diffusion capacityF
拡散能力、(in europe)transfer factor
DLCO

拡散能に影響を及ぼす因子

  • 気体の肺胞内皮~基底膜~毛細血管内皮の透過性
  • 血流の流速
  • 肺胞の換気量
  • 気体の運搬体への結合能力

疾患との関連

  • 低下:肺気腫、間質性肺炎、塵肺、肺うっ血など
  • 上昇:気管支喘息、慢性気管支炎、多血症など

気体の種類による分類

  • 一酸化炭素拡散能力 DLCO



力」

  [★]

powerforcestrengthenergy
エネルギー強制強度、能力、羃乗威力強弱勢い力を与える動力を供給する
ニュートンダイン


炭素」

  [★]

carbonCcarbonic
カルボニッククーロンシステインシトシン炭酸カーボン


一酸化炭素」

  [★]

carbon monoxide, CO


臨床関連


肺拡散能」

  [★]

pulmonary diffusing capacity





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡