一酸化炭素中毒

出典: meddic

carbon monoxide poisoning CO poisoning
CO中毒
一酸化炭素 carbon monoxide CO


概念

  • 一酸化炭素を吸入による中毒

疫学

  • わが国では中毒死の原因物質として頻度が高い(60%で最多 (YN.K-33))。自殺が半数以上。
  • COの発生源としては、火災、都市ガス、自動車の排気ガス、瞬間湯沸かし器などの各種燃焼器具、練炭などの炭製品などが挙げられる。
  • 季節性で、特に冬に多い。

病因 HIM.1142

  • 1. 一酸化炭素ヘモグロビンの生成により末梢への酸素運搬が阻害される(COのHbに対する親和性はO2のそれの250倍) → 組織低酸素
  • 2. 酸素解離曲線の左方移動。
  • 3. CO とミオグロビンの結合 → (心臓)心筋虚血、不整脈
  • 4. チトクロム酸化酵素との結合による細胞呼吸障害。
  • 5. 再灌流障害、酸素ラジカル生成・脂質過酸化による中枢神経障害。

病理

  • 中枢神経:大脳基底核、レンズ核の虚血性変化が特徴的

法医

  • 剖検所見では、死斑・血液の鮮紅色調が特徴。
  • 血中COHbが50-60%以上であれば死因としうる。
  • 焼死体では、煤の吸引とともに、火災時に生存していたことの根拠として重要。

症候

IMD.1143, NEL.355
  • 症状はCOHbの血中濃度に依存する。
  • 初期症状は頭痛、悪心・嘔吐で、非特異的でありインフルエンザ、胃腸炎と誤診されやすい。さらにCOHb濃度が上がると、激しい頭痛、めまい、視野の変化、脱力が生じる。高濃度では昏睡、てんかん発作、呼吸不安定、死が起こる。
  • 血中COHb>10%;頭痛。>30%;激しい頭痛、悪心、嘔吐。>60-70%;死亡


  • 眼症状:網膜出血(NEL.355)、乳頭浮腫(CASES.192)
  • 皮膚・粘膜:(急性のCO中毒)generalized chery-red color of the skin and mucous membranes.
  • 中枢神経症状:
  • 循環器症状:胸痛、心電図上の虚血性変化、不整脈
  • 呼吸器症状:息切れ、頻呼吸
  • 消化器症状:悪心・嘔吐
  • 泌尿器症状:失禁
  • 慢性期:遅発性精神系精神症状群 delayed neuro-psychiatric syndrome:10-30%に認める。50-75%は1年以内に回復
  • 回復した意識が1-3週後に再び低下することがある。


  • 重症例では中枢神経系、腎臓、肺、心臓等が冒される


病型による症状

  • 急性一酸化炭素中毒
  • 慢性一酸化炭素中毒、間歇型一酸化炭素中毒:知覚障害、運動障害(錐体路症状、錐体外路症状)

IMD.1142

COHb(%) 症状
≦10 ほとんどなし
10~20 前頭部頭重感、皮膚血管拡張
20~30 拍動性頭痛、体動時の息切れ
30~40 悪心、めまい、視力障害、疲労感、判断力低下
40~50 頻脈、昏迷、脱力、虚脱
50~60 昏睡、痙攣
60~70 低血圧、呼吸微弱
≧70 呼吸停止、死亡

WMM.757

  • 20-40% : めまい、頭痛、脱力、判断力の低下、悪心・嘔吐、視力の低下。網膜の出血が見られることがある。
  • 40-60% : 頻呼吸、頻拍、失行、失神、てんかん。ECGではST部位の変化、伝導障害、心房・心室性不整脈が分かるかもしれない。
  • 60%以上: 昏睡、死

BPT.282

  • 20-30%:全身性の低酸素血症
  • 60-70%:死亡

NEL. 355

  • >15%:症状が出現
  • >20%:中毒症状が出現
  • >40%:重度の神経症状が出現

身体所見

  • 古典的所見のcherry-red lips(さくらんぼ色の唇)、チアノーゼ、眼底出血の頻度は高くない。 → むしろですねCO-Hbの吸光度特性はO2-Hbに似てるからチアノーゼは見いだされないよ。

検査

HIM.1142
  • 1. 血液ガス検査
  • COHb濃度の上昇(基準値:1-3%、ヘビースモーカー:15%)
  • pulse-oximetry gap:パルスオキシメーターでは COHb と酸化 Hb の区別が不可能なため、酸素飽和度の実測値より高値となる。
  • 動脈酸素分圧は正常だから(そうなの?)、動脈酸素飽和度や一酸化炭素ヘモグロビンを測定する必要がある(WMM.757)
  • 2. 血液生化学
  • CK、LDH → 心筋障害を示唆
  • 3. 心電図
心筋虚血、不整脈(頻脈、各種ブロックなど)
  • 4. 頭部CT・MRI検査
  • CT:意識障害を来す疾患の除外診断
  • 大脳基底核:萎縮、限局性低吸収
  • 大脳白質 :広範な低吸収
  • MRI:白質の脱髄所見、淡蒼球(globus pallidus)の壊死

治療

  • 100%酸素投与
  • COHbが10%未満になるまで継続(WMM.757)
  • 4-6時間の治療後にも症状が持続する場合には、高気圧酸素療法を考慮する。
  • 高圧酸素療法(3 atm)は以下の患者に推奨される;意識がない、神経症状、ECG所見で虚血、重度の代謝性アシドーシス、横紋筋融解症、肺浮腫、あるいはショックが認められる患者(WMM.757)
  • RCTによる有効性に関する根拠はないが、昏睡、意識消失、痙攣などの重度中枢神経症状、肺浮腫、心筋虚血、重症代謝性アシドーシスを呈する場合、COHb > 40%、妊娠時、高齢患者には適応(IMD.1142)。
  • 高酸素療法は長期的な神経学的転帰を改善する(WMM.757)

血液中のCOの半減期 NEL.355

  • 健常人:平均5-6時間
  • 100%酸素の投与下:40-60分
  • 高圧酸素(2.5-3気圧):15-30分 適応:CO中毒に適合した神経症状が出現/子供や妊婦でCOHbレベルが25%より大きいこと

診断

  • 発症した患者をとりまく状況(居合わせた他の人、COを発生しうる環境か)を聴く
  • 除外診断:CO中毒様の症状を来す疾患を鑑別。特に中枢神経疾患

後遺症

  • 精神神経症状:健忘症、自発性低下、感情障害、パーキンソン症候群など

予後

  • 速やかに意識が回復する場合は予後良好
  • 意思疎通の回復は4日以内に限られ、昏睡が遷延する場合には回復を期待できない。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/10 23:01:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 刑事裁判例批評(176)強制排気式ガス湯沸器が不正改造が原因で不完全燃焼を起こし、居住者他1名が一酸化炭素中毒により死傷した事故について、同湯沸器を製造・販売した会社の代表取締役社長及び品質管理部長に、点検・回収等の措置を講じなかった過失があるとされて、業務上過失致死傷罪の成立が認められた事例--パロマガス湯沸器事件[東京地裁平成22.5.11刑事第21部判決]
  • 業務用厨房における一酸化炭素中毒の発生と対策について
  • 田中 茂,城下 渚,佐々木 菜穂
  • セイフティダイジェスト 57(3), 2-4, 2011-03
  • NAID 40018770467
  • 一酸化炭素中毒--冬期にストーブのある部屋でぐったりしていた場合 (救急看護のエキスパートが教える 主要症状別「ファーストエイド」実践マニュアル) -- (熱傷・中毒)
  • 山口県美祢市における一酸化炭素中毒事故原因調査報告書がまとまる

関連リンク

ところが、4つある結合サイトのうち1つが一酸化炭素と結合したヘモグロビン( カルボニルヘモグロビン)は、他のサイトに結合した酸素も安定化し放出しにくくなるため 、血液の酸素運搬能力が下がり、末梢で酸素分圧が極端に低下し中毒 ...
一酸化炭素は無味・無臭・無刺激のため自分では気づかないことが多い。 私は専門的 なことを多くは知らないが、私自身体験した事、そして医学の力では説明が出来ない、私 に起きた奇跡を述べていきたい。 1320 minutes carbon monoxide poisoning ...

関連画像

一酸化炭素中毒怖い一酸化炭素中毒一酸化炭素中毒イメージ 2ガス器具の危険な消費方法一酸化炭素中毒


★リンクテーブル★
先読みCO
国試過去問101A047」「099A060」「103I052」「100A060」「098G069」「096G092」「096B024」「100G092」「103B032」「102I039」「102G017」「085B032」「105H014」「091B052」「090B071
リンク元一酸化炭素肺拡散能力」「100Cases」「パーキンソン症候群」「ロス斑」「統合失調症様症状
拡張検索間歇型一酸化炭素中毒
関連記事中毒」「炭素」「」「一酸化炭素」「一酸化

CO」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Colorado」


101A047」

  [★]

  • 46歳の男性。全身けいれんを発症し搬入された。3日前から頭痛と全身倦怠感とがあり仕事を休んでいた。本日起床後から意味不明なことを言うようになった。意識は傾眠傾向で、名前を呼ぶと開眼する。体温38.8℃。脈拍104/分、整。血圧136/64mmHg。脳脊髄液検査:初圧200mmH2O、細胞数60/μl(基準0~2)(単核球優位)、蛋白120mg/dl(基準15~45)、糖70mg/dl(基準50~75)。血液所見:赤沈30mm/1時間、赤血球530万、白血球6,800。血清生化学所見に異常を認めない。CRP1.8mg/dl。頭部CTで異常を認めない。翌日、呼びかけに反応しなくなり、撮影した頭部単純MRIの水抑制T2強調像(FLAIR)を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A046]←[国試_101]→[101A048

099A060」

  [★]

  • 36歳の男性。夏季に作業のため小麦貯蔵タンク内に入って間もなく意識を消失して倒れ、救急車で搬入された。
  • 救出時意識不明でチアノーゼがあった。皮膚は湿潤しており、血管拡張は認めない。体温37.2℃。呼吸数16/分。脈拍108/分、整。血圧132/90mmHg。胸部聴診所見に異常はない。
  • 血液所見:赤血球530万、Hb16.0g/dl、白血球6,000。血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、AST30単位、ALT32単位、CK22単位(基準10~40)、Na142mEq/l、K3.8mEq/l、Cl102mEq/l。
  • 動脈血ガス分析(自発呼吸、酸素5L/分投与下):pH7.39、PaO2 80Torr、PaCO2 42Torr。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099A059]←[国試_099]→[099B001

103I052」

  [★]

  • 53歳の男性。建設作業に従事している。朝から意味不明なことを言い、暴れるようになったため搬入された。日本酒で晩酌を20年間。1年前から食事を十分にとらず、酒量も増えて1升(1.8l)/日になった。昨夜も飲酒していた。頭部MRIのFLAIR像を以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103I051]←[国試_103]→[103I053

100A060」

  [★]

  • 57歳の男性。下水処理場のマンホール内で汚泥を外に搬出する作業を行っていたが、突然意識を失って倒れた。さらに救助しようとして中に人った同僚も急激に意識を失って倒れた。可能性が高いのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100A059]←[国試_100]→[100B001

098G069」

  [★]

  • 死斑について正しいのはどれか。
  • (1) 出血死では減弱する。
  • (2) 一酸化炭素中毒による死亡患者では暗紫色を呈する。
  • (3) 死体腹臥位であっても体背面に出現する。
  • (4) 死後30分~1時間で明瞭となる。
  • (5) 死後7~10時間経つと圧迫しても消えない。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098G068]←[国試_098]→[098G070

096G092」

  [★]

  • 誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G091]←[国試_096]→[096G093

096B024」

  [★]

  • 死体検案時の外表所見において生活反応と判断できないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096B023]←[国試_096]→[096B025

100G092」

  [★]

  • a. SpO2 80%は正常範囲である。
  • b. 測定時は軽く呼吸を停止する。
  • c. 動脈血酸素飽和度を反映する。
  • d. 二酸化炭素濃度の影響を受ける。
  • e. 一酸化炭素中毒患者のモニターに有用である。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G091]←[国試_100]→[100G093

103B032」

  [★]

  • 経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>と動脈血酸素飽和度<SaO2>とが乖離を示した。原因として考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B031]←[国試_103]→[103B033

102I039」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I038]←[国試_102]→[102I040

102G017」

  [★]

  • PaO2が正常でも組織低酸素をきたすのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G016]←[国試_102]→[102G018

085B032」

  [★]

  • 誤っている物?

105H014」

  [★]

  • 一酸化炭素中毒でみられないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H013]←[国試_105]→[105H015

091B052」

  [★]

  • 赤血球増加を伴うのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

090B071」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

一酸化炭素肺拡散能力」

  [★]

carbon monoxide pulmonary diffusing capacity carbon monoxide diffusing capacity of lung DLCO
CO拡散能力
一酸化炭素トランスファーファクター拡散能

概念

  • 肺胞気から肺毛細血管に至るガス移動効率の指標
  • 肺毛細血管内を通過する血液の気層との接触時間は0.75sあれば酸素化に影響はない。この接触時間が短くなる、すなわち血流速度が増加した状態では酸素化が不十分となり拡散能の低下として認められる。血流速度は運動時や、あるいは毛細血管が破壊されたり閉塞したりして血管床が減少した病態で上昇する。(SPU.24)
  • 20-30ml/min/Torr(YN.I-27)

方法

  • 4種混合ガスを用い、最大呼出後急速に最大吸気位まで吸気し、10秒息止めをした後、急速に最大呼出をしCOガスの吸収量を測定して肺拡散能を検査する。

DLCOを低下せしめるファクター

肺間質、気道、肺血管の異常
  • (1) 肺胞から肺毛細血管赤血球内ヘモグロビンに至るまでの拡散距離の増加
  • (2) 肺胞・肺毛細血管の有効拡散面積の減少
  • (3) 換気、血流、拡散能力の肺内不均等分布
YN.I-27

読み方

DLCO上昇

  • 軽度肺うっ血 → 肺血流量の増加により軽度上昇(SPU.354)

DLCO低下

  • 肺水腫

呼吸器内科 必修マニュアル

p.86

DLCOの基準

  • 高値   :予測値の141%以上
  • 正常   :予測値の76-140%
  • 軽度低下 :予測値の61-75%
  • 中等度低下:予測値の41-60%
  • 高度低下 :予測値の40%以下

解釈

スパイロメトリー DLCO  
閉塞性障害あり 低下 肺気腫
正常~上昇 気管支喘息
拘束性障害あり 低下 肺線維症、(肺切除後)
正常 胸郭・胸膜異常、神経筋疾患
正常 低下 早期の間質性肺疾患、肺血管障害貧血一酸化炭素中毒
上昇 高度肥満、多血症、(気管支喘息)、左右心内シャント、軽度の左心不全、肺胞出血

参考

  • [display]http://xakimich.hp.infoseek.co.jp/laboratory/node30.html



100Cases」

  [★]


パーキンソン症候群」

  [★]

parkinsonian syndrome
Parkinson症候群
パーキンソニズム parkinsonism
[show details]

分類

特発性 パーキンソン病
続発性 感染性 脳炎後パーキンソン症候群
梅毒性パーキンソン症候群
中毒性 一酸化炭素中毒
マンガン中毒
薬物中毒(抗精神病薬(ベンズアミド系(スルピリド)、フェノチアジン系(クロルプロマジン)、ブチロフェノン系(ハロペリドール))、降圧薬(レセルピンαメチルドパ))
血管性 動脈硬化症による
脳梗塞による
関連疾患 線条体黒質変性症
オリーブ橋小脳萎縮症
シャイ・ドレーガー症候群
進行性核上性麻痺
レビー小体型認知症
ウイルソン病
クロイツフェルト・ヤコブ病
正常圧水頭症

中枢神経変性疾患 - パーキンソンニズムを主徴とする疾患




ロス斑」

  [★]

Roth spot, Roth spots, Roth's spots
Roth斑

概念

  • ロス斑は白斑を中心と中心とする出血像を示す。ロス斑は綿花状白斑の周りを出血が取り囲んでいる。綿花用白斑は虚血に陥った軸索の膨化(破裂?, bursting)により生じている。毛細血管に入る前の細動脈が虚血により破裂することにより生じている。多くの病態でロス斑が起こるのであって、細菌性心内膜炎に特異的なわけではない。(参考(1))

原因

参考3

参考

  • 1.
[display]http://www.kellogg.umich.edu/theeyeshaveit/optic-fundus/roth-spot.html
  • 2.
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm040783
  • 3. Roland Ling, Bruce James White-centred retinal haemorrhages(Roth spots). Postgrad Med Ja 1998;74:581-582
[display]http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2361020/pdf/postmedj00094-0007.pdf
  • 4
http://www.uveitis.org/medical/articles/case/Uveitis-%20Roth%20Spots.pdf
  • 5.写真
[display]http://www.kellogg.umich.edu/theeyeshaveit/optic-fundus/images/roth-spot.jpg


統合失調症様症状」

  [★]

schizophrenia like symptoms
  • 内科的および神経学的疾患(KPS.540)


間歇型一酸化炭素中毒」

  [★]

intermittent carbon monoxide poisoning, intermittent carbon monoxide intoxication
一酸化炭素中毒
  • 急性期以降に発症する脳神経障害


中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




炭素」

  [★]

carbonCcarbonic
カルボニッククーロンシステインシトシン炭酸カーボン


毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


一酸化炭素」

  [★]

carbon monoxide, CO


臨床関連

  • 一酸化炭素中毒


一酸化」

  [★]

monoxide
一酸化物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡