一酸化炭素

出典: meddic

carbon monoxide, CO


臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/09 15:34:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヘッドスペース法を用いた血中一酸化炭素濃度測定の有効性
  • 安田 好文,竹内 隼人,齊戸 美弘,ヤスダ ヨシフミ,タケウチ ハヤト,サイト ヨシヒロ,Yoshifumi Yasuda,Hayato Takeuchi,Yoshihiro Saito
  • 雲雀野 = The Lark Hill 35, 47-55, 2013-03-31
  • Carbon monoxide (CO) concentration in the blood is measured by a headspacemethod with a gas-chromatography (HS-GC) and/or a CO-oximeter. However, thedeficiencies of using HS-GC, especially on blood CO …
  • NAID 120005295306
  • オープンパスFTIR分光法による大気中微量成分の空間分布観測(第10回赤外放射の応用関連学会年会)
  • 吉村 季織,山本 健太郎,柳 竜馬,高柳 正夫
  • 映像情報メディア学会技術報告 37(5), 7-8, 2013-01-29
  • … 広域大気中の微量成分の濃度測定が可能なオープンパスFTIR分光法を用い,一酸化炭素,二酸化炭素,メタン,亜酸化窒素,水蒸気などの空間分布を測定する手法を検討した.水平分布の測定ばかりではなく,高さ50mのタワーと組み合わせて用いることにより鉛直分布の測定も試みた.この手法により,これらの微量成分の動態把握や環境評価に有効な情報を得ることができると期待される. …
  • NAID 110009595016
  • 安全衛生監督ファイル(第10回)社会福祉施設での一酸化炭素中毒
  • 森井 博子,森井 利和
  • 労働安全衛生広報 45(1051), 18-31, 2013-01-15
  • NAID 40019538441

関連リンク

一酸化炭素(いっさんかたんそ、Carbon Monoxide)は、常温・常圧で無色・無臭・可燃 性の気体。一酸化炭素中毒の ... さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO2 とに 分解(不均化)するし、一酸化炭素自身も酸素の存在下で燃焼する。 高温では強い還元 ...
2012年2月21日 ... 毎年、冬場になると増加するのが一酸化炭素中毒による死亡事故といったニュースだ。 一酸化炭素は、炭素含有物の不完全燃焼によって生じる無色・無味・無臭の気体であり 、発生に気づきにくいという特徴を持つ。日常生活の中で起こりうる一 ...

関連画像

would you like to see this page in english 一酸化炭素濃度測定器いるニコチンも、一酸化炭素 一酸化炭素はヘモグロビンと 練炭コンロでコンクリート養生 一酸化炭素 一酸化炭素 が


★リンクテーブル★
リンク元CO
拡張検索一酸化炭素中毒
関連記事酸化

CO」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Colorado」


一酸化炭素中毒」

  [★]

carbon monoxide poisoning CO poisoning
CO中毒
一酸化炭素 carbon monoxide CO


概念

  • 一酸化炭素を吸入による中毒

疫学

  • わが国では中毒死の原因物質として頻度が高い(60%で最多 (YN.K-33))。自殺が半数以上。
  • COの発生源としては、火災、都市ガス、自動車の排気ガス、瞬間湯沸かし器などの各種燃焼器具、練炭などの炭製品などが挙げられる。
  • 季節性で、特に冬に多い。

病因 HIM.1142

  • 1. 一酸化炭素ヘモグロビンの生成により末梢への酸素運搬が阻害される(COのHbに対する親和性はO2のそれの250倍) → 組織低酸素
  • 2. 酸素解離曲線の左方移動。
  • 3. CO とミオグロビンの結合 → (心臓)心筋虚血、不整脈
  • 4. チトクロム酸化酵素との結合による細胞呼吸障害。
  • 5. 再灌流障害、酸素ラジカル生成・脂質過酸化による中枢神経障害。

病理

  • 中枢神経:大脳基底核、レンズ核の虚血性変化が特徴的

法医

  • 剖検所見では、死斑・血液の鮮紅色調が特徴。
  • 血中COHbが50-60%以上であれば死因としうる。
  • 焼死体では、煤の吸引とともに、火災時に生存していたことの根拠として重要。

症候

IMD.1143, NEL.355
  • 症状はCOHbの血中濃度に依存する。
  • 初期症状は頭痛、悪心・嘔吐で、非特異的でありインフルエンザ、胃腸炎と誤診されやすい。さらにCOHb濃度が上がると、激しい頭痛、めまい、視野の変化、脱力が生じる。高濃度では昏睡、てんかん発作、呼吸不安定、死が起こる。
  • 血中COHb>10%;頭痛。>30%;激しい頭痛、悪心、嘔吐。>60-70%;死亡
  • 眼症状:網膜出血(NEL.355)、乳頭浮腫(CASES.192)
  • 皮膚・粘膜:(急性のCO中毒)generalized chery-red color of the skin and mucous membranes.
  • 中枢神経症状:
  • 循環器症状:胸痛、心電図上の虚血性変化、不整脈
  • 呼吸器症状:息切れ、頻呼吸
  • 消化器症状:悪心・嘔吐
  • 泌尿器症状:失禁
  • 慢性期:遅発性精神系精神症状群 delayed neuro-psychiatric syndrome:10-30%に認める。50-75%は1年以内に回復
  • 回復した意識が1-3週後に再び低下することがある。
  • 重症例では中枢神経系、腎臓、肺、心臓等が冒される

病型による症状

  • 急性一酸化炭素中毒
  • 慢性一酸化炭素中毒、間歇型一酸化炭素中毒:知覚障害、運動障害(錐体路症状、錐体外路症状)

IMD.1142

COHb(%) 症状
≦10 ほとんどなし
10~20 前頭部頭重感、皮膚血管拡張
20~30 拍動性頭痛、体動時の息切れ
30~40 悪心、めまい、視力障害、疲労感、判断力低下
40~50 頻脈、昏迷、脱力、虚脱
50~60 昏睡、痙攣
60~70 低血圧、呼吸微弱
≧70 呼吸停止、死亡

WMM.757

  • 20-40% : めまい、頭痛、脱力、判断力の低下、悪心・嘔吐、視力の低下。網膜の出血が見られることがある。
  • 40-60% : 頻呼吸、頻拍、失行、失神、てんかん。ECGではST部位の変化、伝導障害、心房・心室性不整脈が分かるかもしれない。
  • 60%以上: 昏睡、死

BPT.282

  • 20-30%:全身性の低酸素血症
  • 60-70%:死亡

NEL. 355

  • >15%:症状が出現
  • >20%:中毒症状が出現
  • >40%:重度の神経症状が出現

身体所見

  • 古典的所見のcherry-red lips(さくらんぼ色の唇)、チアノーゼ、眼底出血の頻度は高くない。 → むしろですねCO-Hbの吸光度特性はO2-Hbに似てるからチアノーゼは見いだされないよ。

検査

HIM.1142
  • 1. 血液ガス検査
  • COHb濃度の上昇(基準値:1-3%、ヘビースモーカー:15%)
  • pulse-oximetry gap:パルスオキシメーターでは COHb と酸化 Hb の区別が不可能なため、酸素飽和度の実測値より高値となる。
  • 動脈酸素分圧は正常だから(そうなの?)、動脈酸素飽和度や一酸化炭素ヘモグロビンを測定する必要がある(WMM.757)
  • 2. 血液生化学
  • CK、LDH → 心筋障害を示唆
  • 3. 心電図
心筋虚血、不整脈(頻脈、各種ブロックなど)
  • 4. 頭部CT・MRI検査
  • CT:意識障害を来す疾患の除外診断
  • 大脳基底核:萎縮、限局性低吸収
  • 大脳白質 :広範な低吸収
  • MRI:白質の脱髄所見、淡蒼球(globus pallidus)の壊死

治療

  • 100%酸素投与
  • COHbが10%未満になるまで継続(WMM.757)
  • 4-6時間の治療後にも症状が持続する場合には、高気圧酸素療法を考慮する。
  • 高圧酸素療法(3 atm)は以下の患者に推奨される;意識がない、神経症状、ECG所見で虚血、重度の代謝性アシドーシス、横紋筋融解症、肺浮腫、あるいはショックが認められる患者(WMM.757)
  • RCTによる有効性に関する根拠はないが、昏睡、意識消失、痙攣などの重度中枢神経症状、肺浮腫、心筋虚血、重症代謝性アシドーシスを呈する場合、COHb > 40%、妊娠時、高齢患者には適応(IMD.1142)。
  • 高酸素療法は長期的な神経学的転帰を改善する(WMM.757)

血液中のCOの半減期 NEL.355

  • 健常人:平均5-6時間
  • 100%酸素の投与下:40-60分
  • 高圧酸素(2.5-3気圧):15-30分 適応:CO中毒に適合した神経症状が出現/子供や妊婦でCOHbレベルが25%より大きいこと

診断

  • 発症した患者をとりまく状況(居合わせた他の人、COを発生しうる環境か)を聴く
  • 除外診断:CO中毒様の症状を来す疾患を鑑別。特に中枢神経疾患

後遺症

  • 精神神経症状:健忘症、自発性低下、感情障害、パーキンソン症候群など

予後

  • 速やかに意識が回復する場合は予後良好
  • 意思疎通の回復は4日以内に限られ、昏睡が遷延する場合には回復を期待できない。


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡