一宮西病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 一宮西病院

url

理念

  • 病院理念『街と人が明るく健康でいられますように』職員の行動・意識の指針患者様・利用者様及び家族のために ◎ 私たちは、高い技術への自己研鑽に励みます。  ◎ 私たちは、安全のために細心の注意を払います。  ◎ 私たちは、常に業務改善を目指して創意工夫します。  ◎ 私たちは、チームワークで医療・福祉のサービスを提供します。  ◎ 私たちは、地域との密接な連携を大切にします。  ◎ 私たちは、社会規範を遵守します。

住所

  • 〒494-0001 一宮市開明字平1番地

診療の特徴、実績

  • 平成21年11月に一宮西病院は新築移転し、許可病床数157床から312床の病院となりました。一宮・尾張西部地区の救急医療の拠点としての役割を担う医療機関となるため、「24時間365日、いつでもどんな怪我や病気の患者さまも受け入れ、決して断らない」、「地域ならではのきめ細かい医療の実践」という方針で地域の皆さまに安心、信頼していただける病院を目指しています。常勤医師は全員大学医局と無縁に入職しており、「学閥なし、年功序列ない」のモットーのもと、伸び伸びと職務を行う環境にあります。また、同法人が運営母体である「上林記念病院」、「老人保健施設やすらぎ」、訪問看護など在宅部門、一宮市より市民病院の経営委譲を受けた「いまいせ心療センター」、「尾西記念病院」とともに「街と人が明るく健康でいられますように」の理念のもと、トータルな地域医療を展開しています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 157.6人

一日平均外来患者数

  • 516.3人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 3件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/2回

当院の救急医療の特徴

  • 尾張西部地区の二次救急輪番病院として、内科、外科、脳神経外科を担当しています。各科の協力のもと24時間、患者を受けいれる体制となっています。また、2011年度は輪番日がこれまでの2倍の125日となり、より多くの症例を経験することができるようになりました。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/脳神経外科

一日平均救急外来患者数

  • 18.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 5.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 42人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り(当直料 1年目 15,000円、2年目 30,000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 尾張西部医療圏の2次救急輪番日においては研修医以外の当直医数は4人となる。尚、研修医は2救急輪番日を主に担当する。当直の翌日は状況に応じて早退可能

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院のある尾張西部医療圏の救急医療体制は、内科系救急、外科系救急、脳神経脳血管系救急の3つの柱からなり、当院はそれぞれの分野すべてを担っています。3分野の救急と入院治療を通した研修を行うことにより、研修医の皆さんには必ずや一般的な診療を行う実力が備わるものと考えています。また、入院から退院まで、さらに退院後の病診連携を通して医療、介護、福祉を考えながら診療を進めるので有意義な研修ができるでしょう。地域での高齢者の支援、福祉、介護への理解を深め、広範囲な地域医療を展開する能力を修得し、目前の救急処置だけでなく、地域医療を視野に入れた退院後の診療にも関心を持ってほしいと思います。卒後3年次以降には後期研修プログラムを用意しておりますので、ぜひ専門医・認定医をめざしてレベルアップした研修に進んでください。当院は2009年11月に新築移転しました。高層階の病院へと生まれ変わり、より活気のある中規模病院になるので若い医師たちの活躍の場がたくさんあります。初期研修医の参加を楽しみにしています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 一宮西病院は、地域医療を支える中核病院です。現在病床数は約312床で他の職種の職員とも交流を得やすく、研修を受ける病院としての環境は良いと思います。当院は研修医の人数が2人と少ないため、一人ひとりが経験できる症例や手技が多く、医療現場に必要とされる実践的な能力を磨くことができます。2年間という短い研修期間ではありますが、自主性を持って日々の研修に臨めば、きっと満足度の高い研修になるでしょう。研修先を決める際に、単に病院の規模を比較するのではなく、そこで何を学びどこまで自主性を持って研修できるかを重視しましたが、結果として私の病院選びは正解でした。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性期 : 救急の充実と高度医療の提供 社会医療法人杏嶺会 一宮西病院 めざす医療を実現できる組織づくりに向け優秀なスタッフの確保と教育体制を充実 (病院進化論)
  • 直立姿勢における随意性:―ピーク面積-周波数スペクトルによる検討―
  • 時田 喬,宮田 英雄,水田 啓介,正木 道熹,加藤 史門
  • Equilibrium Research 74(3), 174-183, 2015
  •  To maintain an upright standing posture, voluntary control is indispensable together with regulation by the postural reflexes and cooperative movements controlled by the cerebellum and basal ganglia. …
  • NAID 130005090982

関連画像

 一宮西病院 施工例|株式会社 一宮西病院に行ってきました一宮西病院一宮西病院



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡