ヴェルガ腔

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 精神発達遅滞,脳梁菲薄化,進行性痙性対麻痺を示した1例
  • 洲鎌 盛一,草野 薫,根本 和夫
  • 臨床神経学 35(2), 215-217, 1995-02-01
  • NAID 10008312183

関連リンク

>画像所見 : 両側の側脳室前角の間(透明中隔)に細長い随液腔がみられる(↓)。さらにこの随液腔は側脳室体部の間にも伸びている( )。 > 診断 : 透明中隔腔とヴェルガ腔 > 解説 : 通常、透明中隔腔の後部 ...
正中余剰腔には,透明中隔腔,ベルガ腔,脳室間腔が有ります。前者は,在胎3カ月頃形成を始めた脳梁の発達過程で,両側側脳室間が狭くなって細隙状の空間が正中に残ることで形成されます。そして,脳弓によってくびれができ ...

関連画像

まずは、正常の脳室の画像です 矢印の先にある袋がベルガ腔 ところが、側脳室前角の間に 本来二つあるべき側脳室が三つ の部分がベルガ腔です 。側脳室は基本的に左右一つずつ


★リンクテーブル★
関連記事」「

ガ」

  [★]

moth
カ科ヤママユガ亜科オオカイコガ


腔」

  [★]

cavity
  • 体組織中にできた空洞。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡