ワグナー

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/24 02:50:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 明治日本のワーグナー受容と仏教 : 姉崎正治から永井荷風へ
  • 帝国的人道主義 : ワーグナーの反ユダヤ主義における国際的精神
  • 有田 亘
  • 国際研究論叢 = OIU journal of international studies : 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要 27(3), 31-42, 2014-03
  • NAID 40020059943

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 矯味・矯臭剤

販売名

lーメントール「ヤマゼン」

組成

  • 本品1g中、日局 l−メントール1gを含有する。

効能または効果

  • 芳香・矯味・矯臭の目的で調剤に用いる。


★リンクテーブル★
拡張検索キース・ワグナー分類

キース・ワグナー分類」

  [★]

Keith-Wagener classification, KW classification
KW分類キース・ウェジナー分類キース-ワゲナー分類
Keith-Wagener classification of essential hypertension


高血圧眼底と細動脈硬化の程度分類(SOP.132)

キース-ワゲナー分類 Keith-Wagener分類

  • 0群:正常
  • I群:わずかな血管腔狭小化・動脈硬化
  • II群:銅線動脈交叉現象
  • III群:口径不動・軟性白斑・星状斑、そのほか滲出物・網膜浮腫・様々の形の出血。
  • IV群:乳頭浮腫
I群・II群:慢性高血圧 or 本態性高血圧
III群・IV群:急性に著しく血圧上昇が起こったときなどに





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡