ローマン反応

出典: meddic

Lohmann reaction
  • 筋肉内でクレアチンリン酸からADPへリン酸を転移しATPとクレアチンを合成する反応。

関連リンク

ローマン反応をわかりやすく教えてください。 筋肉などのタンパク質内にリン酸として蓄えたエネルギー貯蔵物質をクレアチンリン酸と呼ぶ。急激な運動でブドウ糖や脂肪酸の代謝で間に合わない場合には、クレアチンリン酸 ...
4.筋収縮時の化学変化 筋肉の収縮に必要なエネルギーはATPの分解によって供給される。 A.ローマン反応 ミオシンにはATP分解酵素(ATPase)作用がある。 ATPがADP(アデノシン二リン酸)に分解されてエネルギーを放出する(下図 ...
((o( ̄ー ̄)o))題名:ローマン反応の話 ローマン反応は、無酸素的ATP合成反応である。 この反応は、酸素供給がなくても行われる。 筋収縮中はATPの量は変わらずクレアチンリン酸(CP)が減少してCが増す事になる。 筋運動が激しいとき ...

関連画像

maxresdefault.jpg 時の反応やローマンの反応などだからまわりの反応など気に ヤスハチ(にほんのかめさん)カレンシルバー・古代トンボ玉


★リンクテーブル★
関連記事反応

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡