ローゼル・ネラトン線

出典: meddic

()
Roser-N laton line

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

大転子高位:股関節45°屈曲位でローゼルネラトン線(大転子と上前腸骨棘と坐骨結節 を結ぶ線)よりも中枢側に移動した状態。 ○幼児期上記症状に加えて ・歩行開始の 遅延 ・跛行がみられ、患側立脚時に肩が落ちる(トレンデレンブルグ徴候陽性) 両側 脱臼の ...
カ)寛骨臼が空虚:大腿三角内で鼠径靱帯と大腿動脈の交叉部あたりの下に骨頭を 触れない。 (キ)大転子高位:股関節45°屈曲位でローゼルネラトン線(大転子と上前腸 骨棘と坐骨結節を結ぶ線)よりも中枢側に移動した状態をいう。 ② 幼児期 上記症状に 加え ...

関連画像

血管閉塞性識別の補助検査


★リンクテーブル★
関連記事

線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡