ロルメタゼパム

出典: meddic

lormetazepam
エバミールロラメット


和文文献

  • 麻酔前投薬としてのロルメタゼパムの有用性について
  • 睡眠導入剤ロルメタゼパム

関連リンク

エバミール,ロラメットとは?ロルメタゼパムの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけでは ...
効能 [編集] 不眠症の治療に用いられる。 種類 [編集] 錠剤:1mgの錠剤 薬理 [編集] ロルメタゼパムはベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、大半はグルクロン酸抱合され、肝臓に負担がかかりにくい。そのため、肝機能障害患者や肝機能の ...

関連画像

ロラメットの処方目的・副作用  錠 1 0 1mg ロルメタゼパム /ロラメット(ロルメタゼパムリスミー|効能・用量・副作用 成分 一般 名 ロルメタゼパム エバミールの詳細

添付文書

薬効分類名

  • 睡眠導入剤

販売名

ロラメット錠1.0

組成

成分・含量

  • 1錠中 ロルメタゼパム1.0mg

添加物

  • ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ポビドン

禁忌

  • 急性狭隅角緑内障のある患者
    [抗コリン作用により眼圧が上昇し,症状が悪化するおそれがある.]
  • 重症筋無力症のある患者
    [筋弛緩作用により症状が悪化するおそれがある.]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 不眠症
  • ロルメタゼパムとして,通常,成人には1回1〜2mgを就寝前に経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減するが,高齢者には1回2mgを超えないこと.
  • 不眠症には,就寝の直前に服用させること.また,服用して就寝した後,睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは服用させないこと.

慎重投与

  • 衰弱患者
    [作用が強くあらわれるおそれがある.]
  • 心障害のある患者
    [症状が悪化するおそれがある.]
  • 肝障害,腎障害のある患者
    [排泄が遅延するおそれがある.]
  • 脳に器質的障害のある患者
    [作用が強くあらわれるおそれがある.]

重大な副作用

依存性(0.1〜0.2%未満)

  • 連用により薬物依存を生じることがあるので,観察を十分に行い,用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること.
    また,連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により,痙攣発作,せん妄,振戦,不眠,不安,幻覚,妄想等の離脱症状があらわれることがあるので,投与を中止する場合には,徐々に減量するなど慎重に行うこと.

刺激興奮,錯乱(0.1%未満)

  • 刺激興奮,錯乱等があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

呼吸抑制,炭酸ガスナルコーシス(頻度不明)

  • 呼吸抑制があらわれることがある.また,呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合,炭酸ガスナルコーシスを起こすことがあるので,このような場合には気道を確保し,換気をはかるなど適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 本剤は他のベンゾジアゼピン系化合物と類似した薬理作用スペクトラムを有している.

睡眠増強作用4),5)

  • 各種麻酔薬との併用で,ロルメタゼパムは入眠時間の短縮,睡眠時間の延長を示した(マウス).

抗コンフリクト作用5)

  • ラットでのGeller型コンフリクト試験では,コンフリクト軽減作用を示した.

馴化静穏作用5)

  • 嗅球摘出ラット及び縫線核破壊ラットのいずれのmuricideも抑制した.

動物脳波に対する作用5)

  • 各種刺激による脳波覚醒反応,光誘起反応を抑制し,睡眠作用を示した(ウサギ).

作用機序

  • 脳膜受容体標品を用いたベンゾジアゼピン受容体との結合親和性試験で,高い親和性を示した6).このことから他のベンゾジアゼピン系化合物と同様にベンゾジアゼピン受容体との結合を介し,大脳辺縁系及び視床下部GABA作動系ニューロンを増強するものと考えられている.

臨床薬理(終夜睡眠ポリグラフィー)7)

  • 健康成人男性(6名)における終夜睡眠ポリグラフィーでは,入眠の促進,中途覚醒の減少,睡眠時間の増加が認められた.また,REM睡眠及び徐波睡眠の抑制はほとんどみられなかった.


有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C16H12Cl2N2O2

分子量

  • 335.18

融 点

  • 198〜210℃(分解)

性 状

  • 白色〜淡黄色の結晶性の粉末で,におい及び味はない.
    クロロホルムに溶けやすく,メタノール,酢酸(100),無水酢酸又はアセトンにやや溶けにくく,エタノール(95)又はジエチルエーテルに溶けにくく,水にほとんど溶けない.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡