ロイシンエンケファリン

出典: meddic


和文文献

  • メチオニンエンケファリン(Met5-Enk),ロイシンエンケファリン(Leu5-Enk) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・4)その数値をどう読むか) -- (内分泌学的検査 間脳下垂体関係(subunitを含む))
  • 糖付加ロイシンエンケファリンアミドの腸管吸収特性
  • 太田 之弘,水間 俊,粟津 荘司
  • 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 10, 271, 1995-10-18
  • NAID 10007530316

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元神経伝達物質」「エンケファリン」「Leu-enkephalin」「leucine enkephalin
関連記事リン」「ロイシン」「ケファリン

神経伝達物質」

  [★]

neurotransmitter (SP)
ニューロトランスミッター化学的伝達物質 化学伝達物質 chemical transmitter伝達物質 transmitter


概念

作用の方向で分類

  • 興奮性
アセチルコリン
グルタミン酸
  • 抑制性
GABA
グリシン

部位で分類

中枢神経 末梢神経
遠心性 求心性
グルタミン酸 アセチルコリン サブスタンスP
GABA ノルエピネフリン CGRP
グリシン (エピネフリン)
ドーパミン
エピネフリン
セロトニン
アセチルコリン
ヒスタミン
エンドルフィン
ノシセプチン

物質群別

アミノ酸 (SPC.76-78)

ペプチド (SPC.79)


エンケファリン」

  [★]

enkephalin
神経伝達物質オピオイドペプチド


  • 5残基からなる。C末端のアミノ酸により2種類に分けられる
  • 内因性オピオイド = 内因性モルヒネ様ペプチド

種類 (GOO.549)

Y-G-G-F-M
  • ロイシンエンケファリン [Leu5]enkephalin
Y-G-G-F-L

受容体

enkephalin receptor GOO.149
痛覚抑制

作用

  • 神経伝達物質
  • 修飾物質

脊髄後角、下腸間膜動脈神経節におけるエンケファリンの作用 (SPC.80)


Leu-enkephalin」

  [★]

ロイシンエンケファリン

leucine enkephalin

leucine enkephalin」

  [★]

ロイシンエンケファリン

Leu-enkephalin

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ロイシン」

  [★]

leucine, Leu, L
アミノ酸


  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:
      CH3
      |
 -CH2-CH
      |
      CH3


ケファリン」

  [★]

cephalin
セファリン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡