レーザー光線療法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 二重盲検試験による低出カエネルギーレーザー光線療法
  • 157. 疼痛に対するレーザー光線療法の試み(第2報)
  • 前田 淳一,田口 順子,森井 和枝,岡田 美紀
  • 理学療法学 11(Supplement), 157, 1984-04-01
  • NAID 110003994869
  • 子宮腟部びらんのレ-ザ-光線療法
  • 黒島 義男,藤井 明和
  • 産婦人科治療 44(1), p1-5, 1982-01
  • NAID 40001493621

関連リンク

フラッシュレーザー療法の最もメインとなる治療装置はI2PL(エリプスフレックス)といわれるもので、いわゆるフォトフェイシャルの進化版です。フラッシュレーザー光線療法の特徴としてカサブタができない、傷にならない ...
そこに内視鏡を通して低出力レーザーを照射する。 ↓ 「高感受性物質」がレーザー光と化学反応を起こして、 活性酸素を発生する。 ↓ ガン細胞だけを破壊することができる。 PTD最大の利点は・・・ *ガン細胞のまわりの正常な細胞 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「光線」「療法」「光線療法」「レーザー

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


光線」

  [★]

raylight
明るい見地軽い


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


光線療法」

  [★]

phototherapy, actinotherapy, light therapy



レーザー」

  [★]

laser, LASER





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡