レチノール結合蛋白質

出典: meddic

retinol-binding protein
レチノール結合蛋白レチノール結合タンパク質

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メタボリックシンドロームにおけるレチノール結合蛋白質4の意義に関する研究
  • 林 佐奈衣,吉田 晃浩,橋本 沙幸 [他]
  • 椙山女学園大学研究論集 自然科学篇 (42), 91-99, 2011
  • NAID 40018723380
  • 腎不全牛における過長蹄の発現と血清ビタミンAおよびレチノール結合蛋白質の動態
  • 渡辺 大作,阿部 省吾,植松 正巳,阿部 榮,遠藤 祥子,後藤 浩人,小林 隆之,藤倉 尚士,小形 芳美,伴 顕,平野 貴,杉本 喜憲,斎藤 博水
  • 日本家畜臨床学会誌 27(2), 41-45, 2004
  • 牛クローディン−16(CL-16)欠損症19頭およびそれ以外の腎不全黒毛和種牛2頭におけるビタミンA(VA)とレチノール結合蛋白質(RBP)の動態および過長蹄の発現について調査した。CL-16欠損症では、1-6ヶ月齢の子牛3頭を除き84%で過長蹄がみられた。CL-16欠損症を過長蹄群と正常蹄群にわけて正常黒毛和種子牛群36頭と比較したところ、過長蹄群ではRBP、VA、尿素窒素(UN)およびクレアチ …
  • NAID 130001005877

関連リンク

レチノール結合蛋白, RBP(retinol-binding protein) 測定法:ラテックス凝集比濁法(平成24年4月2日より) ネフェロメトリー法(平成24年3月30日まで) 外注会社:MCM(平成18年6月27日よりMBC;平成19年4 ...
栄養・生化学辞典 レチノール結合タンパク質の用語解説 - 血液中に存在するレチノールを特異的に結合して輸送するタンパク質と,細胞内にあってレチノールの細胞内での動態を制御するタンパク質がある.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元レチノール結合蛋白」「レチノール結合タンパク質
関連記事蛋白質」「結合」「レチノール」「白質」「結合蛋白

レチノール結合蛋白」

  [★]

retinol-binding protein
レチノール結合蛋白質レチノール結合タンパク質



レチノール結合タンパク質」

  [★]

retinol-binding protein
レチノール結合蛋白レチノール結合蛋白質


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


レチノール」

  [★]

retinolretinol palmitateretinol acetate
retinolum
ビタミンAアルコール vitamin A alcohol、ビタミンA1 vitamin A1
酢酸レチノール retinol acetateパルミチン酸レチノール retinol palmitate
チョコラA
ビタミンAビタミンA1オールトランスレチノールパルミチン酸レチノール、・酸レチノール、11-シスレチノール



白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


結合蛋白」

  [★]

binding protein
結合タンパク質結合タンパク結合蛋白質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡