レスカルミン

出典: meddic

ジフェンヒドラミン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 21-P2-262 パクリタキセル関連過敏症に対しレスカルミン注予防投与が有用性を示した1症例(がん薬物療法(副作用対策),来るべき時代への道を拓く)
  • 左近 美佳,安川 久吉,笹田 真滋,中多 陽子,赤田 忍,平島 智徳,金銅 葉子,安部 典子
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 18, 418, 2008-09-01
  • NAID 110006964777

関連リンク

作成又は改訂年月 **2007年4月改訂(第4版) *2005年4月改訂 日本標準商品分類番号 874419 薬効分類名 アレルギー性疾患治療剤 承認等 販売名 レスカルミン注 販売名コード 4419500A1030 承認・許可番号 承認番号
レスカルミン注,ジフェンヒドラミン塩酸塩・臭化カルシウム注射液 ... 使用上の注意 (禁忌) 1.緑内障の患者[抗コリン作用により房水通路が狭くなり眼圧が上昇し、緑内障を悪化させる恐れがある]。
レスカルミン注,ジフェンヒドラミン塩酸塩・臭化カルシウム注射液 ... 相互作用 1. 薬剤名等: ジギタリス製剤使用中 発現事象: ジギタリス中毒 理由・原因: ジギタリス中毒 投与条件:

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • アレルギー性疾患治療剤

販売名

レスカルミン注

組成

  • レスカルミン注は、1管5mL中に日本薬局方ジフェンヒドラミン塩酸塩(別名 塩酸ジフェンヒドラミン

)20mg、臭化カルシウム175mg及びpH調整剤を含有する。

禁忌

  • 緑内障の患者[抗コリン作用により房水通路が狭くなり眼圧が上昇し、緑内障を悪化させるおそれがある。]
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用による膀胱平滑筋の弛緩、膀胱括約筋の緊張により、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 本剤又は臭素化合物に対し過敏症の患者
  • 腎機能障害のある患者、脱水症の患者、全身に衰弱がみられる患者、低塩性食事を摂取している患者[ブロム中毒に陥りやすい。]
  • 器質的脳障害のある患者、うつ病の患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • ジギタリス製剤を使用している患者[ジギタリス中毒を起こしやすい。]

効能または効果

  • アレルギー性鼻炎
  • 通常成人1日1回5mLを静脈内注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

  • アナフィラキシー様症状(頻度不明):呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫(顔面浮腫、喉頭浮腫等)、蕁麻疹等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

ジフェンヒドラミン塩酸塩(Diphenhydramine Hydrochloride)

化学名

  • 2-(Diphenylmethoxy)-N,N-dimethylethylamine monohydrochloride

分子式

  • 1721NO・HCl

分子量

  • 291.82

性 状

  • 本品は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味は苦く、舌を麻ひする。メタノール又は酢酸(100)に極めて溶けやすく、水又はエタノール(95)に溶けやすく、無水酢酸にやや溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品は光によって徐々に変化する。

pH

  • 本品1.0gを水10mLに溶かした液のpHは4.0〜5.0である。

融 点

  • 166〜170℃

臭化カルシウム(Calcium Bromide)

分子式

  • CaBr2・2H2

分子量

  • 235.92

性 状

  • 本品は白色の塊又は粒状の結晶で、においはなく、味はわずかに苦い。水又はメタノールに極めて溶けやすく、エタノール(95)に溶けやすく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品は極めて吸湿性である。

pH

  • 本品1.0gに水10mLを加えて溶かした液のpHは7.0〜9.0である。


★リンクテーブル★
リンク元抗ヒスタミン剤」「ジフェンヒドラミン
関連記事カルミン」「レス

抗ヒスタミン剤」

  [★] 抗ヒスタミン薬

商品


ジフェンヒドラミン」

  [★]

diphenhydramine
タンニン酸ジフェンヒドラミン diphenhydramine tannate塩酸ジフェンヒドラミン diphenhydramine hydrochlorideラウリル硫酸ジフェンヒドラミン diphenhydramine laurylsulfate
アレルミンアストフィリンレスミンエアーサロンパスカフコデNセキールデスパコーワトラベルミントラベルミン配合ハイシップパステルベナスミンベナパスタベナレスカルミンレスタミンレスタミンコーチゾンBenadryl
抗ヒスタミン薬
抗ヒスタミン剤


  • 古典的抗ヒスタミン薬



カルミン」

  [★]

carmine
カーミン


レス」

  [★]

loess
黄土




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡