レジオネラ

出典: meddic

Legionella

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中臣さんの環境衛生ウオッチング(第24回)シャワー水とレジオネラ
  • スーパー銭湯のレジオネラ対策の強化 : 2段階方式の検査による効果的な衛生指導の実施
  • 村井 良次,伊藤 敦子,田邉 一明 [他]
  • 生活と環境 59(1), 55-57, 2014-01
  • NAID 40019950089
  • 同時期に経験したレジオネラ感染によるMERSの2例 (胸部の最新画像情報2014) -- (症例)
  • 常見 安史,瀬高 朝子,平松 まき [他]
  • 臨床放射線 59(1), 202-209, 2014-01
  • NAID 40019939258

関連リンク

レジオネラ (Legionella) は、レジオネラ属に属する真正細菌の総称であり、グラム陰性 の桿菌。レジオネラ肺炎(在郷軍人病)等多くのレジオネラ症を引き起こす種を含む。 少なくとも46の種と、70の血清型が知られている。通性細胞内寄生性菌である。
レジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila )を代表とする細菌感染症で、劇 症型の肺炎と一過性のポンティアック熱がある。レジオネラ属菌は、もともと環境に普通 に存在する菌である。しかしながら、快適な生活を求めるために、循環水を利用した風呂 ...

関連画像

各地で発生しているレジオネラ 温浴施設のレジオネラ菌対策 レジオネラ症最近のレジオネラ対策ーーー  レジオネラ また レジオネラレジオネラ症は死亡者が発生


★リンクテーブル★
国試過去問096A058」「096D057」「100B068」「100B021
リンク元抗菌薬」「比較的徐脈」「非定型肺炎」「レジオネラ属」「Legionella属

096A058」

  [★]

  • 60歳の男性。3日前に同窓会の懇親会で泥酔し、何回も嘔吐を繰り返した。2日前から発熱と咳献、今朝から膿性痰と右側胸痛とが現れたため来院した。体温38℃。脈拍90/分、整。血液所見:白血球13,000(桿状核好中球8%、分葉核好中球72%、好酸球2%、単球3%、リンパ球15%)。CRP14.5mg/dl(基準0.3以下)。胸部エックス線写真では右下肺野に浸潤影と胸水とを認め、試験穿刺で悪臭の強い膿性胸水を採取した。胸水のGram染色で多数の好中球とグラム陽性球菌とを認めた。
  • 胸水培養で検出が予想されるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096A057]←[国試_096]→[096A059

096D057」

  [★]

  • 29歳の女性。1週前からの発熱と咳とを主訴に来院した。前医での胸部エックス線撮影で肺炎と診断され、セフェム系抗菌薬を4日間投与されたが解熱せず、肺野の浸潤影も悪化した。紹介状によれば喀痰培養では正常菌叢であった。体温39.2℃。呼吸数20/分。脈拍94/分、整。血圧106/64mmHg。血液所見:赤血球420万、白血球8,000。血清総蛋白7.0 g/dl。CRP7.0mg/dl(基準0.3以下)。可能性の高い起因菌はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096D056]←[国試_096]→[096D058

100B068」

  [★]

  • 肺感染症の原因微生物と治療薬の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B067]←[国試_100]→[100B069

100B021」

  [★]

  • 呼吸器感染症と原因菌の組合せで誤っているのはどれか,
[正答]


※国試ナビ4※ 100B020]←[国試_100]→[100B022

抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

比較的徐脈」

  [★]

relative bradycardia
relative sinus bradycardia?、相対的徐脈相対性徐脈
熱型徐脈


定義

  • QB.H-165では体温1℃の上昇につき脈拍が8-10/分上昇するのが正常であるが、脈拍の上昇幅がこれいかのものを比較的徐脈としている。
  • 参考1では体温に対して一義的に脈拍を決めている

病因

  • 重症感染症で心拍数の調節が失われる、らしい(要調査)。

原因疾患

参考

  • 1. 比較的徐脈の定義
[display]http://pulmonary.exblog.jp/13451923
Cunha BA: Diagnostic significancer of relative bradycardia. Infect Dis Pract 21: 38-40, 1997.
  • 2. [charged]洞徐脈 - uptodate [1]


非定型肺炎」

  [★]

atypical pneumonia PAP
原発性異型肺炎 primary atypical pneumonia


定義

  • 細菌が検出できない肺炎の総称

特徴

  • 胸部X線画像で、陰影が淡く、両側性、skip lesionなどが非定型的であり、βラクタム薬が無効であることが特徴

病因

症状

  • 乾性咳嗽、発熱

検査所見

  • 胸部X線画像:間質性陰影 →普通の肺炎では影は見られない

診断

細菌性肺炎と非定型肺炎の鑑別

  • 1. 年齢60歳未満
  • 2. 基礎疾患がない、あるいは軽微
  • 3. 頑固な咳がある
  • 4. 胸部聴診所見が乏しい
  • 5. 痰がない、あるいは、迅速診断法で原因菌が証明されない
  • 6. 末梢血白血球数が10,000/uL未満である

上記6項目を使用した場合

  • 4項目以上合致:非定型肺炎疑い
  • 3項目以下:細菌性肺炎疑い
(感度:77.9%、特異度:93.0%)

上記の1.-5.までの5項目を使用した場合

  • 3項目以上合致:非定型肺炎疑い
  • 2項目以下:細菌性肺炎疑い
(感度:83.9%、特異度:87.0%)


レジオネラ属」

  [★]

Legionella
Legionellaレジオネラ
レジオネラ科 Legionellaceaeグラム陰性桿菌

特徴

レジオネラ症の代表的菌種 レジオネラ属菌

培養

レジオネラ属による感染症

治療


Legionella属」

  [★]

Legionella
レジオネラレジオネラ属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡