レイン

出典: meddic

rhein
アントラキノン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/10 22:02:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リレーインタビュー わたしたちの青年部 萩青年部 部長 中野隆(なかのたかし)さん
  • 携わる人々の「気」を集め感動を生み出す : 日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」がもたらした奇跡 (特集 お客様の心をつかむ)
  • メディアが取材したくなる!仕掛けのある社内環境 OFFICE INNOVATION plus(049)プレナス(ブレインセンター) クリエイティブを生み出すことを考えた機能的なオフィスです。

関連リンク

静音パーツと静音BTOパソコンのお店 レインでは、多種多様なカスタマイズ(BTO)から 激安パソコンまで幅広く取り扱っております。
アルファポリス文庫「レイン外伝 仄暗き廃坑の底で」(吉野匠)が刊行しました!2010.09 .29up ○文庫新刊! アルファポリス文庫「虹色 ... レイン雨の日に生まれた戦士」(吉野 匠)のドラマCDがキャラアニより5月29日に発売予定!予約はこちら2010.05.10up ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗ヒスタミン剤

販売名

クロルフェニラミンマレイン酸塩シロップ0.05%「NP」

組成

有効成分(1mL中)

  • 日本薬局方 クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.5mg

添加物

  • 単シロップ、D-ソルビトール液、赤色2号、赤色102号、香料

禁忌

  • 本剤の成分又は類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 緑内障の患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し、症状が増悪するおそれがある。]
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難、尿閉等があらわれ、症状が増悪するおそれがある。]
  • 低出生体重児、新生児[中枢神経系興奮など抗コリン作用に対する感受性が高く、痙攣など重篤な反応があらわれるおそれがある。]

効能または効果

  • ○じん麻疹
  • ○血管運動性浮腫
  • ○枯草熱
  • ○皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、薬疹)
  • ○アレルギー性鼻炎
  • ○血管運動性鼻炎
  • ○感冒等上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・咳嗽
  • dl−クロルフェニラミンマレイン酸塩として、通常、成人1回2〜6mgを1日2〜4回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し、症状が増悪するおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[抗コリン作用により症状が増悪するおそれがある。]
  • 狭窄性消化性潰瘍、幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制、緊張低下が起こり、症状が増悪するおそれがある。]
  • 循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により、症状が増悪するおそれがある。]
  • 高血圧症の患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され、血圧が上昇するおそれがある。]

重大な副作用

再生不良性貧血、無顆粒球症(頻度不明)

  • 再生不良性貧血、無顆粒球症があらわれることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止すること。

薬効薬理

  • ヒスタミンH1受容体遮断薬。H1受容体を介するヒスタミンによるアレルギー性反応(毛細血管の拡張と透過性亢進、気管支平滑筋の収縮、知覚神経終末刺激によるそう痒、等)を抑制する。dl体である。1)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
    (Chlorpheniramine Maleate)

化学名

  • (3RS)-3-(4-Chlorophenyl)-N,N-dimethyl-3-pyridin-2-ylpropylamine monomaleate

分子式

  • C16H19ClN2・C4H4O4

分子量

  • 390.86

融点

  • 130〜135℃

性状

  • ・白色の微細な結晶である。
    ・酢酸(100)に極めて溶けやすく、水又はメタノールに溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けやすい。
    ・希塩酸に溶ける。
    ・水溶液(1→20)は旋光性を示さない。


★リンクテーブル★
拡張検索プレカリクレイン」「αシヌクレイン」「3,3',5,5'-テトラブロモフェノールスルホンフタレイン」「キニン-カリクレイン系

プレカリクレイン」

  [★]

prekallikrein, PK
フレッチャー因子 Fletcher factor
血液凝固因子



αシヌクレイン」

  [★]

alpha-synuclein
α-シヌクレイン


3,3',5,5'-テトラブロモフェノールスルホンフタレイン」

  [★] ブロムフェノールブルー


キニン-カリクレイン系」

  [★] カリクレイン・キニン系




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡