ルシフェリン

出典: meddic

luciferin


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/10 10:17:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

ルシフェリン ルシフェリン luciferin 生物発光の際に酸化されて発光する化合物の総称。反応はルシフェラーゼという酵素によって触媒される。ルシフェリンという名は,発光現象に注目した機能的名称で,物質としては単一の化合物に ...
図1 ルシフェリン−ルシフェラーゼ反応機構.a, ルシフェリルAMP中間体を経由する2段階反応機構.b, 野生型 およびS286N変異型ゲンジボタル・ルシフェラーゼの発光色.c, ルシフェリルAMP中間体アナログ,DLSAの構造. 3.アミノ酸 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元luciferin
関連記事リン

luciferin」

  [★]

ルシフェリン

WordNet   license wordnet

「pigment occurring in luminescent organisms (as fireflies); emits heatless light when undergoing oxidation」


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡