ルシフェラーゼアッセイ

出典: meddic

luciferase assay

和文文献

  • ブタ乳切歯歯根膜の分化増殖因子について
  • 松島 友二
  • 日本歯周病学会会誌 52(1), 24-36, 2010-03-28
  • 現在, 歯周組織の治療法の1つとしてエムドゲイン®を用いた再生療法がある。エムドゲイン®の主成分はエナメルマトリクスタンパク質(EMD)でありEMD中の分化増殖因子としてTGF-β1およびBMP-2の2つの活性物質が存在することが報告されている。一方, 歯の硬組織であるセメント質, 象牙質中にも分化増殖因子としてTGF-βおよびBMPが存在することが示され, その含有量について …
  • NAID 10027096106
  • ヒトa 1 鎖I 型コラーゲン遺伝子の転写調節─プロモーター領域の欠失解析と転写増強領域のDNA結合因子の解析─
  • 吉田 隆洋
  • Dokkyo journal of medical sciences 36(1), T63-T69, 2009-03-25
  • 我々はヒトa 1鎖I 型コラーゲン遺伝子(COL1A1)プロモーター領域の欠失解析を施行し,転写増強領域に対してDNA結合因子の解析を行った. ルシフェラーゼアッセイをヒト真皮由来線維芽細胞とヒトCOL1A1プロモーターの−2.3キロ塩基対(bp)から+42 bp をルシフェラーゼ遺伝子に融合したDNA を基本とし,COL1A1プロモーターを上流側より徐々に欠失させた変異体を用いて行っ …
  • NAID 110007614477

関連リンク

分子生物学・遺伝子工学実験に関連する有用な情報をご提供していきます。 ... トランスフェクションは、細胞の中に外因性のDNAを導入する操作のこと。ここでは、FuGENE6(Roche)を用いたルシフェラーゼアッセイのための ...
ルシフェラーゼアッセイ(シングル) ベーシックなルシフェラーゼアッセイ法です。キット化されているものが多くあります。細胞の活性や数などが問題となり、サンプル間のデータ比較が難しい場合があります。そのため、内部標準を ...

関連画像

ルシフェラーゼアッセイ用細胞 ルシフェラーゼアッセイ ルシフェラーゼレポーターアッ 次は、最近はやりの  ルシフェラーゼアッセイを抗酸化能測定


★リンクテーブル★
リンク元luciferase assay
関連記事アッセイ

luciferase assay」

  [★]

ルシフェラーゼアッセイ


アッセイ」

  [★]

assayassay
検定検定法、試験法、測定法定量分析アッセイ法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡