ルクス

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/12 09:25:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ルクス主義・学習講座 労働組合と国家 : 資本主義国家と闘う労働組合(2)
  • 古典を読む(21)マルクス『賃労働と資本』(4)価格論

関連リンク

ルクス 松岡商事(有) 三重県津市万町津123 松岡第3ビル (旧第3銀行万町支店跡地) メール:tbb3ymdu@za.ztv.ne.jp 定休日:日曜・祝日 営業時間::11:00~18:00 お電話の受付時間:11:00~12:00 13:00~16:00(日曜・祝日 ...
あかりの専門店・株式会社ルクスは、蛍光ランプ、電球、ハロゲンランプ、水銀ランプなど店舗照明用ランプを販売しております。 オープンサイト公開のお知らせ 2014年1月7日よりどなたでもお気軽にご利用いただけるオープンサイト ...

関連画像

Amazon.co.jp: ルクス・ペイン  特殊駆動部 > オーディトルクス として使えるドルクスホールルクスデルクス【MHP3rd】|モンスター  カレン=ルクス=ヴィクトリア

添付文書

薬効分類名

  • 持続性Ca拮抗剤

販売名

カルブロック錠8mg

組成

  • 1錠中に次の成分を含有

有効成分

  • アゼルニジピン(日局) 8.0mg

添加物

  • D-マンニトール、カルメロースカルシウム、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、炭酸水素ナトリウム、ポリソルベート80、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、軽質無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ミコナゾール等)、HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、サキナビル、インジナビル等)、コビシスタットを含有する製剤を投与中の患者(「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • 高血圧症
  • 通常、成人にはアゼルニジピンとして8〜16mgを1日1回朝食後経口投与する。なお、1回8mgあるいは更に低用量から投与を開始し、症状により適宜増減するが、1日最大16mgまでとする。

慎重投与

  • 重篤な肝・腎機能障害のある患者[本剤は肝臓で代謝される。また一般に重篤な腎機能障害のある患者では、降圧に伴い腎機能が低下する可能性がある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

肝機能障害、黄疸

頻度不明注1)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等の肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

房室ブロック、洞停止、徐脈

頻度不明注1)

  • 房室ブロック、洞停止、徐脈があらわれることがあるので、めまい、ふらつき等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • アゼルニジピンは肝初回通過効果の影響を受けにくく、降圧作用は緩徐で持続的である。

降圧作用18)

  • 高血圧モデル動物(高血圧自然発症ラット、DOCA食塩高血圧ラット、腎性高血圧ラット、腎周囲炎性腎性高血圧犬)への0.1ないし1〜3mg/kgの単回経口投与により血圧は用量依存的に下降し、その作用は緩徐に発現しかつ持続的であり、類薬に比べて心拍数にほとんど影響を及ぼさなかった。

また、高血圧自然発症ラット又は腎性高血圧犬への反復経口投与においても安定した降圧作用を示した。

作用機序19)

  • 本剤は、L型Caチャネル拮抗作用に基づき、血管を拡張させることにより降圧作用を発現する。ブタ心臓ミクロソームを用いた受容体結合実験において、3H-ニトレンジピンの特異的結合に対する50%阻害濃度(IC50値)及び阻害定数(Ki値)はそれぞれ3.1nM、2.1nMであった。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アゼルニジピン(Azelnidipine)

化学名

  • 3-[1(-Diphenylmethyl)azetidin-3-yl]5-(1-methylethyl)(4RS )-2-amino-6-methyl-4-(3-nitrophenyl)-1,4 -dihydropyridine-3,5-dicarboxylate

分子式

  • C33H34N4O6

分子量

  • 582.65

性状

  • 淡黄色〜黄色の結晶性の粉末又は塊を含む粉末である。
    エタノール(99.5)又は酢酸(100)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。エタノール(99.5)溶液(1→100)は旋光性を示さない。結晶多形が認められる。

分配係数

  • アゼルニジピンの分配係数(HPLC法)


★リンクテーブル★
拡張検索クリプトケルクス科」「ヘルクスハイマー症候群」「ケルクス属」「ヤーリッシュ-ヘルクスハイマー反応

クリプトケルクス科」

  [★]

Cryptocercidae
ゴキブリゴキブリ属ワモンゴキブリ防翅目


ヘルクスハイマー症候群」

  [★]

Herxheimer syndrome
ボレリア症ライム病


ケルクス属」

  [★]

Quercus
カシ属Quercus属


ヤーリッシュ-ヘルクスハイマー反応」

  [★] ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡