リーベルマン-ブルハルト反応

出典: meddic

関連リンク

リーベルマン-ブルハルト反応 について教えてください!! この投稿へのコメント Re:定性反応の原理について ...
リーベルマン・ブルヒァード反応 (Liebermann-Burehard's reaction:リーベルマン・ブルヒァード反応) ステロール、トリテルペン類の呈色反応 これらのクロロホルム溶液に無水酢酸と濃硫酸を滴下すると、その境界面が赤紫色を示す。→ ト ...
Ⅰ-1.2 アミノ酸、糖、脂質の定性と定量 < 2.1 アミノ酸の定性と定量 > 目的 様々な定性定量反応を通じて、生体で重要な機能を有するタンパク質の構成成分であるアミノ酸の基本的な諸性質を理解する。 実験の概要

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事反応」「ベル

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



ベル」

  [★]

人名

生理的な音の感受性を考慮した音の強さの単位

bel
デシベル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡