リーバクト

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨牀経験 肝硬変患者に対する分枝鎖アミノ酸製剤(リーバクト顆粒)投与の検討
  • 森園 周祐,中牟田 誠,国府島 庸之 [他]
  • 臨牀と研究 82(5), 896-900, 2005-05
  • NAID 40006777676

関連リンク

リーバクトとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
リーバクトとは。効果、副作用、使用上の注意。食事の摂取量は十分なのに低アルブミン血症がみられる、非代償性肝硬変(黄疸(おうだん)、腹水、肝性脳症を伴う)の人の低アルブミン血症の改善に用いられる薬です。 L ...
味の素製薬株式会社のリーバクト配合顆粒(滋養強壮薬)、一般名L-イソロイシン(L-Isoleucine) L-ロイシン(L-Leucine) L-バリン(L-Valine) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。

関連画像

リーバクト配合顆粒 4 リーバクト配合顆粒リーバクトリーバクト配合顆粒 4 薬剤師・薬学生の情報サイト リーバクト 配合 顆粒

添付文書

薬効分類名

  • 分岐鎖アミノ酸製剤

販売名

リーバクト配合顆粒

組成

  • リーバクト配合顆粒は1包(4.15g)中下記の成分を含有する。
    L−イソロイシン  952mg
    L−ロイシン   1904mg
    L−バリン     1144mg
  • 添加物として、ポビドン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、酒石酸、サッカリンナトリウム水和物、香料を含有する。

禁忌

  • 先天性分岐鎖アミノ酸代謝異常のある患者[メープルシロップ尿症においては痙攣、呼吸障害等があらわれるおそれがある。]

効能または効果

  • 食事摂取量が十分にもかかわらず低アルブミン血症を呈する非代償性肝硬変患者の低アルブミン血症の改善
  • 本剤の適用対象となる患者は、血清アルブミン値が3.5g/dL以下の低アルブミン血症を呈し、腹水・浮腫又は肝性脳症を現有するかその既往のある非代償性肝硬変患者のうち、食事摂取量が十分にもかかわらず低アルブミン血症を呈する患者、又は、糖尿病や肝性脳症の合併等で総熱量や総蛋白(アミノ酸)量の制限が必要な患者である。糖尿病や肝性脳症の合併等がなく、かつ、十分な食事摂取が可能にもかかわらず食事摂取量が不足の場合には食事指導を行うこと。なお、肝性脳症の発現等が原因で食事摂取量不足の場合には熱量及び蛋白質(アミノ酸)を含む薬剤を投与すること。
  • 次の患者は肝硬変が高度に進行しているため本剤の効果が期待できないので投与しないこと。
  • 肝性脳症で昏睡度がIII度以上の患者
  • 総ビリルビン値が3mg/dL以上の患者
  • 肝臓での蛋白合成能が著しく低下した患者
  • 通常、成人に1回1包を1日3回食後経口投与する。
  • 本剤は分岐鎖アミノ酸のみからなる製剤で、本剤のみでは必要アミノ酸の全ては満たすことはできないので、本剤使用時には患者の状態に合わせた必要蛋白量(アミノ酸量)及び熱量(1日蛋白量40g以上、1日熱量1000kcal以上)を食事等により摂取すること。特に蛋白制限を行っている患者に用いる場合には、必要最小限の蛋白量及び熱量を確保しないと本剤の効果は期待できないだけでなく、本剤の長期投与により栄養状態の悪化を招くおそれがあるので注意すること。
  • 本剤の投与によりBUN又は血中アンモニアの異常が認められる場合、本剤の過剰投与の可能性があるので注意すること。また、長期にわたる過剰投与は栄養状態の悪化のおそれもあるので注意すること。
  • 本剤を2ヵ月以上投与しても低アルブミン血症の改善が認められない場合は、他の治療に切り替えるなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 低栄養状態(低アルブミン血症状態)の肝硬変モデルとして四塩化炭素慢性肝障害ラットを用いて本剤の効果を検討した。
  • 本剤と同じ組成の分岐鎖アミノ酸を飼料に0,2.5,5.0,10.0%添加し、自由摂取させて検討したところ、ヒトの投与量に近い2.5%添加群が、無添加群及び他の添加群に比べて窒素出納、窒素出納効率、血漿総蛋白及び血漿アルブミン値上昇の各栄養指標で優れており、血漿Fischer比の是正も適切であった8)
  • L−イソロイシン、L−ロイシン、L−バリンの組成比をI(2:1:1)、II(1:2:1.2)、III(1:1:2)と変化させた分岐鎖アミノ酸添加食を自由摂取させたところ、本剤と同じ組成のII群が、他の組成比の群に比べて窒素出納、血漿総蛋白及び血漿アルブミン値上昇の各栄養指標で優れており、血漿Fischer比の是正も適切であった8)
  • 本剤と同じ組成の分岐鎖アミノ酸又は同一窒素量で同一エネルギー量の必須アミノ酸を飼料へ添加し、自由摂取させて検討したところ、分岐鎖アミノ酸添加群が、必須アミノ酸添加群より高い栄養効果を示し、血小板数減少抑制と肝臓重量の減少抑制もみられた9)
  • 肝性脳症モデルとして門脈下大静脈吻合ラットを用いて本剤の効果を検討した。本剤と同じ組成の分岐鎖アミノ酸投与により血漿及び脳内アミノ酸濃度、脳内モノアミン濃度が正常化したが、本剤と同一窒素量で同一エネルギー量の必須アミノ酸を投与した群ではむしろ増悪する傾向がみられた10)


★リンクテーブル★
先読みL-イソロイシン」「L-ロイシン」「L-バリン
リンク元たん白アミノ酸製剤
拡張検索リーバクト配合

L-イソロイシン」

  [★]

L-isoleucine
イソロイシン

L-ロイシン」

  [★]

L-leucine
ロイシン


L-バリン」

  [★]

L-valine
バリン

たん白アミノ酸製剤」

  [★]

商品

リーバクト配合」

  [★] L-イソロイシンL-バリンL-ロイシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡