リヴァルタ反応

出典: meddic


関連リンク

臨床的意義 腹水・胸水などの蛋白量を定性反応で判定する簡易検査。浸出液で陽性、漏出液で陰性に。 リバルタ反応は、希酢酸溶液中に穿刺液を滴下し、白濁して沈降する蛋白化合物の量をみる簡易検査である。通常、浸出液は白濁 ...
検査方法 リバルタ反応 基準範囲 浸出液 (+) 漏出液 (-) 実施料 - 判断料 - 所要日数 1~2日 備考 ... 臨床意義 穿刺液の検査では、炎症や悪性腫瘍などに起因する浸出液か、 漏出液かの鑑別が求められる。 浸出液は蛋白 ...

関連画像

第10回インターネット病理勉強 鹿児島県北薩地域の皆さまが 第10回インターネット病理勉強 腹腔穿刺の看護技術|穿刺部位


★リンクテーブル★
関連記事反応

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡