リン酸緩衝液

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 退職教員特別寄稿 K562細胞の新しい凍結保存法
  • 知念 良教,長岡 研五
  • 京都工芸繊維大学学術報告書 6, 1-5, 2013-06
  • リン酸緩衝液(PBS)のpHとリン酸濃度を書き加えた。 …
  • NAID 120005300697
  • オクトレオチド酢酸塩の安定性に対する亜硫酸水素ナトリウムの影響―デキサメタゾン注射剤との配合変化試験
  • 田辺 公一,大久保 純,池崎 友明,北山 祥平,恒田 祐樹,新田 淳美,今村 理佐,藤 秀人,島田 雅也,村上 望,北澤 英徳
  • Palliative Care Research 8(2), 177-183, 2013
  • … 【測定方法】SBS濃度の異なる市販のDEXとの混合溶液, およびリン酸緩衝液でpH4, 7および9に調製した溶液, 並びにSBS添加溶液のOCT残存率を調製後3および10日後にそれぞれHPLC (高速液体クロマトグラフィー)を用いて測定した. …
  • NAID 130003367233
  • 振動型フィルターによるPMMA粒子・ラード/リン酸緩衝液系エマルションのクロスフロー精密濾過特性
  • 中倉 英雄,永田 宏志,河村 飛鳥
  • 化学工学論文集 39(2), 112-116, 2013
  • The crossflow microfiltration process with vibration was experimentally investigated with lard/phosphate- buffered saline emulsion containing PMMA particles. This emulsion was used as a model sample f …
  • NAID 130003365338

関連リンク

LCtalk38号LAB 移動相(溶離液)のpH調整は,成分分離やカラム寿命を向上させるために行われます。 このpH調整は,単に酸あるいは塩基(アルカリ)を滴下してのみ行うのではなく,できるだけ緩衝溶液(緩衝液)を利用すべきです。
[緩衝液( Buffer)] 緩衝液は少量のH +あるいはOH-イオンを加えたときに溶液のpHが大きく変化することに抵抗するような物質の混合物をいう.普通,緩衝溶液は共役酸と共役塩基で調製する.各種緩衝液におけるその混合比とpHの ...

関連画像

図3 リン酸緩衝液を用いた 標準緩衝液(中性りん酸塩pH 血液像染色用M/15リン酸緩衝液リン酸緩衝液により土壌から

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

パーヒューザミン注

組成

  •  本剤は,水性の注射剤で,ヨウ素-123を塩酸N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミンの形で含む。
     1mL中
      塩酸N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン(123I)(検定日時において) 111MBq
       塩酸N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン  0.45mg

添加物

  •  アスコルビン酸−リン酸緩衝液  0.034mL

添加物

  •  日本薬局方生理食塩液

添加物

  •  pH調整剤 2成分

効能または効果

  •  局所脳血流シンチグラフィ
  •  通常,成人には本剤37〜222MBqを静脈内に注射し,投与後15〜30分後より被検部にガンマカメラ等の検出部を向け撮像もしくはデータを収録し,脳血流シンチグラムを得る。必要に応じて局所脳血流量を求める。
     投与量は,年齢,体重により適宜増減する。

(シリンジバイアル使用方法)

  • (1) コンテナのセイフティバンドを切り取り,上蓋を外す。
    (2) メジシリンジ専用プランジャーを取り付ける(図1)。
    (3) コンテナから取り出す(メジシールドキャップを持って取り出せます)。
    (4) 先端のゴムキャップを取り,メジシリンジ専用針(メジニードル又はメジルアー針)を取り付ける(図2)。
    (5) 患者に投与する。

図1

図2

(使用後の廃棄方法)

  • (1) 誤刺に注意して,針を外す。
    (2) プランジャーは取り付け時と反対の方向(反時計方向)に回して取り外す。
    (3) メジシールドキャップを回して取り外し,シールドからシリンジを抜き取り廃棄する。

薬効薬理

  •  本剤の脳への集積機序は,脳内での血管内/脳実質組織のpH勾配,脂質/水分配係数並びに脳及び脳内毛細血管内膜に局在する相対的非特異的な高容量アミン結合部位への親和性などの作用が複合しているのであろうといわれている2)

有効成分に関する理化学的知見

1.放射性核種の特性(123Iとして)

  •  物理的半減期:13.27時間
     主γ線エネルギー:159keV(83.3%)


★リンクテーブル★
関連記事リン」「緩衝」「緩衝液

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





緩衝」

  [★]

bufferingbufferbuffer
緩衝液緩衝化緩衝作用緩衝剤バッファバッファーリリーフ


緩衝液」

  [★]

buffbr, buffbr solution
バッファー buffer





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡