リン酸基転移

出典: meddic

phosphotransfer, phosphoryl group transfer, transphosphorylation
リン酸基


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糸状菌 Aspergillus nidulans の His-Asp リン酸リレーネットワークの全体像 : In vitro リン酸基転移系の確立と GFP-tag による時空的発現プロファイル解析を中心に
  • 加藤 雅士,金丸 京子,小林 哲夫
  • 化学と生物 47(10), 718-724, 2009-10-01
  • NAID 10026436736
  • 微生物による核酸系うま味調味料の生産
  • 三原 康博,宇多川 隆
  • バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 63(3), 163-166, 2005-03-01
  • NAID 10015433832
  • ホスホリパーゼDの生産とリン脂質合成への適用
  • 荻野 千秋,福田 秀樹
  • バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 62(12), 809-812, 2004-12-01
  • NAID 10014081440

関連リンク

代謝についての序論 リン酸化された化合物がリン酸基を転移させる能力を、リン酸基転移ポテンシャルという。それらの中で、基転移ポテンシャルがATPと同じか、それよりも高いものを高エネルギー化合物という。
化学基を酵素につけることが骨細胞形成には不可欠 M.D.アンダーソンがんセンター 2011年1月3日 ある種のタンパク質は特定部位に化学基をつけることによって、癌を進行、転移させる酵素を阻害することをテキサス大学M.D.アンダーソン ...

関連画像

 リン酸基をとっているだけ arcb の リン 酸基 転移 領域 hptホスホグリセリン酸ムターゼ  arcb の c 末端 の リン 酸基 転移画像をクリックすると拡大 生物史から、自然の摂理を読み


★リンクテーブル★
先読みtransphosphorylation
拡張検索リン酸基転移酵素」「リン酸基転移ポテンシヤル
関連記事転移」「リン

transphosphorylation」

  [★]

トランスリン酸化


リン酸基転移酵素」

  [★]

phosphotransferase
ホスホトランスフェラーゼリン酸転移酵素

リン酸基転移ポテンシヤル」

  [★]

phosphoryl group-transfer potential


転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡